ページ内移動用のメニューです。


トップページの中の大鵬薬品についての中のニュースリリースの中の2009年(平成21年)

ニュースリリース

各位

平成21年1月13日
大鵬薬品工業株式会社
鳥居薬品株式会社

制吐剤の販売を鳥居薬品に一本化 「セロトーン®静注液10mg」「セロトーン®錠10mg」

大鵬薬品工業株式会社(以下大鵬薬品 本社:東京都、社長:宇佐美 通)は、5-HT受容体拮抗薬(制吐剤)「セロトーン(R)静注液10mg」及び「セロトーン(R)錠10mg」の販売並びに情報提供活動を2009年3月末をもって、中止することになりましたのでお知らせします。

現在、5-HT3受容体拮抗薬(制吐剤)「セロトーン(R)静注液10mg」(一般名:塩酸アザセトロン注射液)及び「セロトーン(R)錠10mg」(一般名:塩酸アザセトロン錠)につきましては、鳥居薬品株式会社(以下鳥居薬品 本社:東京都、社長:松尾 紀彦)と2社で共同販売しておりますが、2009年3月31日をもって大鵬薬品が販売を終了することに伴い、販売を鳥居薬品に一本化するものです。
5-HT3受容体拮抗薬「セロトーン(R)静注液10mg」及び「セロトーン(R)錠10mg」は、吉富製薬株式会社(現 田辺三菱製薬株式会社)と日本たばこ産業株式会社が共同で開発を行い、日本たばこ産業株式会社が製造販売承認を取得した制吐剤です。

参考:セロトーン®静注液10mg及びセロトーン®錠10mgの概要

 

セロトーン®静注液10mg

セロトーン®錠10mg

有効成分(活性成分)の含量

塩酸アザセトロン10mg

効能・効果

抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)

用法・用量

通常、成人には塩酸アザセトロン10mgを1日1回静脈内投与する。また、効果不十分な場合には、同用量を追加投与できる。ただし、1日量として20mgを超えないこととする。

通常、成人には塩酸アザセトロンとして1回10mgを1日1回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1回15mgを超えないこととする。

包装

2mL 5管

10錠(10錠×1シート PTP包装)

販売開始

2007年12月
注)セロトーン®注として、1994年4月販売開始

1999年10月

薬価基準

10mg2mL 1管 6,107.00円

10mg1錠 1,582.20円

製造販売元

日本たばこ産業株式会社

このリリースに関してのお問い合わせ先
大鵬薬品工業株式会社 広報部
TEL:03-3293-2878

鳥居薬品株式会社 経営企画部
TEL:03-3231-6814

ページ上部へ