ビタミンアドバイス

スポーツに欠かせないビタミン

秋と聞いて「食欲の秋」や「芸術の秋」を思い浮かべる人は多いかもしれませんが、健康を気にする人にとっては、やはり「スポーツの秋」ではないでしょうか。
スポーツをするにはエネルギー補給が必要ですが、補給したエネルギーを代謝させるのに不可欠なのが、ビタミンB1、ビタミンB2をはじめとするビタミンB群です。ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸は、からだづくりに必要なたんぱく質の合成にも欠かせません。
スポーツのパフォーマンスは、血液中にあるヘモグロビンが、からだのすみずみにまで酸素を運ぶ「酸素運搬機能」に大きく影響されます。ビタミンCは、そのヘモグロビンを構成する鉄の吸収を促します。また、免疫機能もアップさせるので、パフォーマンスの低下につながる風邪を予防することもできます。

ビタミンCと同じく、免疫機能を高めるのがビタミンAです。病原菌の侵入を防ぐ皮膚や粘膜が正常に保たれるので、風邪の予防に役立ちます。
スポーツ中の接触や転倒による骨折を防ぐには、ビタミンDビタミンKを摂取するのがおすすめ。カルシウムの吸収を助ける作用で、強い骨になることが期待できます。
高いパフォーマスを発揮するには、からだのコンディショニング維持が欠かせません。抗酸化作用が強いビタミンEを摂取して、風邪やけがを予防しましょう。

参考文献
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』高橋書店
『栄養素の通になる』女子栄養大学出版部
『五訂増補食品成分表2010』女子栄養大学出版部

スポーツに欠かせないビタミン

このページのTOPへ