ビタミンアドバイス

睡眠リズムを整えるビタミン

蒸し暑い夏の夜は、寝苦しさを訴える人も多いのではないでしょうか。なかなか眠れない原因のひとつとして考えられるのが、体内時計の乱れ。夜になると眠くなり、朝になると目が覚めるという睡眠のリズムを調節しているのが、体内時計です。そのリズムがずれてしまうと、夜になってもなかなか眠れないなどの、睡眠障害が引き起こされてしまいます。この睡眠のリズムを整える働きをしている栄養素が、ビタミンB12です。なおビタミンB12は、ビタミンB群の一種である葉酸と協力し、血液中の赤血球をつくるという働きももつ、貧血の予防に欠かせない栄養素でもあります。

ビタミンB12は、野菜や果物など、植物性の食品にはあまり含まれません。多く含むのは、シジミやアサリなどの魚介類や、牛や鶏のレバーといった、動物性の食品です。ビタミンB12は水溶性であり、多く摂っても必要のない分は排出されるため、摂りすぎによる問題は発生しません。
深い睡眠を得るためには、規則正しい生活や運動のほかに、バランスのよい食事を摂ることも大切だといえます。

参考文献
『新しい栄養学と食のきほん事典』西東社

睡眠リズムを整えよう

このページのTOPへ