ビタミンアドバイス

夏の美容と健康に!ベリー類の果物たち

甘酸っぱくて見た目も可愛らしい、ベリー類の果物たち。
その小さな果実には、ビタミンをはじめとした栄養素がぎゅっと詰まっています。 ベリー類の代表格ともいえるストロベリー(イチゴ)は、ビタミンCが非常に豊富。数粒食べれば、1日に必要な量の半分以上を摂れるほどで、「ビタミンCの宝庫」と称されることもあります。また、ビタミンB群の一種である葉酸や、ペクチンという食物繊維も多く含みます。ペクチンは、血糖値の急激な上昇を抑えるほか、腸内の善玉菌も増やしてくれます。

ブルーベリーは、疲れ目などに良い果物として知られています。夏の行楽として、ブルーベリー狩りも大人気。抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なので、紫外線対策におすすめです。また、食物繊維で便秘の解消にも役立ちます。紫の色素に含まれるアントシアニンというポリフェノールの一種は、老化の原因となる活性酸素がつくられるのを抑える働きがあります。

ケーキやジャムとして食べることが多いラズベリーも、やはり夏に旬を迎えるベリー類の一種です。ビタミンB群やビタミンCだけでなく、ポリフェノール類も豊富。抗酸化作用により、美容にも効果的です。また、脂肪の分解を助ける香り成分により、ダイエット効果があるといわれています。

参考文献
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』高橋書店
『栄養素の通になる』女子栄養大学出版部
『五訂増補食品成分表2010』女子栄養大学出版部

夏の美容と健康に!ベリー類の果物たち

このページのTOPへ