ビタミンアドバイス

沖縄料理で夏の悩みは「なんくるないさー」

「なんくるないさー」とは、沖縄の方言で「なんとかなるさ」を意味します。沖縄は長寿の県として有名ですが、あまりせかせかしない楽天的な県民性のほかに、その独特の料理文化にも、健康や美容の秘訣が隠されているようです。
紫外線が強く雨が多い沖縄は、緑黄色野菜がよく育つことで知られています。そのため、ゴーヤーチャンプルーをはじめとする炒め物や、汁物、煮物などが食卓に並び、野菜を多く摂る習慣があります。緑黄色野菜には、紫外線対策や免疫力の維持に欠かせないビタミンCや、不足すると夏風邪をひきやすくなってしまうビタミンAとして体内で働くβ-カロテンなどが多く含まれます。
汁物の具の海藻類として、沖縄ではアーサと呼ばれる、アオサがよく使われます。アオサはβ-カロテンを多く含み、食物繊維も豊富です。

野菜の煮物のほかに、煮る料理で有名なのが、ラフテーという豚肉の角煮。豚肉は糖質をエネルギーに変えたり、疲労を回復させたりするビタミンB1が豊富なので、夏バテ対策にぴったり。また、肌を健康に保つコラーゲンも多く含まれます。
一般的な豆腐とは製法が異なる島豆腐や、ピーナッツから作られるジーマーミ豆腐など、沖縄料理は豆腐にも特徴があります。大豆などの豆類や、ピーナッツなどの種実類に多く含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、紫外線対策、老化防止、血行促進などが期待できます。

参考文献
『五訂増補食品成分表2010』女子栄養大学出版部
沖縄県栄養士会サイト

沖縄料理で夏の悩みは「なんくるないさー」

このページのTOPへ