ビタミンアドバイス

ビタミンたっぷり!南国のフルーツ

強い紫外線を浴び、高温の環境で育った南国のトロピカルフルーツは、ビタミンCビタミンE、体内でビタミンAに変わるβ‐カロテンなどが豊富です。マンゴーと並んで人気のパパイヤは、ビタミンCやβ‐カロテンのほか、皮膚や目・粘膜の健康維持の効果が期待されるクリプトキサンチンも多く含まれています。
パッションフルーツはβ‐カロテンや、ビタミンB群の一種である葉酸が豊富です。赤血球の生成に関係している葉酸には、動脈硬化を予防する働きがあるといわれています。
グアバは、葉からグアバ茶が作られることで知られていますが、その果実には多くのビタミンCやβ‐カロテンが含まれています。

ファイトケミカルスと呼ばれる抗酸化物質のひとつに、ポリフェノールがあります。トロピカルフルーツは、このポリフェノールも豊富です。ファイトケミカルスは、紫外線や害虫から身を守るために植物が作り出す物質の総称で、さまざまな病気や老化の原因となる活性酸素(かっせいさんそ)から体を守る働きがあります。
抗酸化作用のある酵素(こうそ)を体内に作るには、鉄、銅、亜鉛、マンガン、セレンなどのミネラルと、たんぱく質が必要です。夏の健康維持や美容、老化防止のためには、トロピカルフルーツを食べるのとともに、十分なミネラルやたんぱく質が摂れるバランスのよい食事を心がけることが大切です。

参考文献
『五訂増補食品成分表2010』女子栄養大学出版部
日本栄養士会サイト

ビタミンたっぷり!南国のフルーツ

このページのTOPへ