ビタミンコラム | 夏バテ対策

ビタミンで疲れ知らず!夏バテ対策

夏バテ対策にこのビタミン!

生活習慣を見直そう!

夏バテ対策として、まずは睡眠に関する対処法をご紹介します。基本となるのは規則正しい生活ですが、睡眠不足や夜ふかしなどによって、リズムが乱されてしまいます。寝苦しくてなかなか眠れない場合には、寝室を冷房であらかじめ冷やしておく、ぬるめのお風呂に入って寝つきを良くするなどの工夫が効果的です。

体温調節をコントロールする自律神経を正常に保つには、室温を下げすぎないように、冷房より除湿機能を利用すると良いでしょう。適度な運動で汗をかくことに慣れておくのも有効ですが、熱中症に注意する必要があります。脱水症状を起こさないためには、こまめな水分補給が欠かせません。ただし、冷たいものを一気に飲むと胃腸の機能が低下するので、少しずつゆっくりと飲むようにしてください。

夏バテ対策をするには、食事の内容にも気を配りたいところ。暑い日は食欲が減退して、あっさりとしたメニューが続いてしまうので、必要な栄養が不足しやすくなります。そうならないためにも、栄養素をバランス良く摂るように意識することが大切です。なお、睡眠不足や暑さなどでストレスを強く感じると、ビタミンCが消費されやすくなります。積極的に摂るように心がけてください。

夏バテ対策にぴったりのビタミンとは?

夏バテ対策にうってつけの栄養素としてまっさきに挙げたいのが、ビタミンB1です。というのも、炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変えるとともに、老廃物を代謝して、疲労を回復させてくれる働きがあるのです。また、食欲を増進させるので、食が進まない人にもおすすめです。

ビタミンB1には、水に溶けやすいという性質があります。そのため、汗をかくことが多い夏場は消費する量が多く、不足がちになります。さらに、体内のアルコールを分解する働きもあるので、お酒をよく飲む人は、消費量がさらに多くなります。夏になるとビールを多く飲んでしまう人は、ビタミンB1を多く含む豚肉や大豆などを積極的に食べるようにしてください。

参考文献
『新しい栄養学と食のきほん辞典』西東社
『食べ方+運動 治す・防ぐ・若返る 健康医学事典 からだ力編』講談社

ビタミンB1をとろう!

  • どうして夏バテするの?""

このページのTOPへ