ビタミンコラム | 紫外線対策

ギラギラ太陽は容赦ない!紫外線対策

紫外線対策にこのビタミン!

体の中からも紫外線の対策を!

夏に肌のトラブルを防ぐには、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切。日傘やサングラスなどを利用するとともに、隠しきれない肌はサンスクリーン剤(日焼け止め)を塗りましょう。しかし、より万全の体勢を整えるには、皮膚の健康を保つのに有効な栄養素を摂って、体質を改善させることが必要です。

摂取したい栄養素としてまず挙げられるのが、イチゴやレモンなどに多く含まれるビタミンC。シミの元になるメラニンが過剰につくられるのを抑え、色素沈着が起きにくくします。また、皮膚を構成するコラーゲンがつくられるのを促進して、肌荒れを改善させるはたらきもあります。特に、喫煙者やストレスを強く感じる人はビタミンCを消費しやすいので、積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンCには、老化を抑える抗酸化作用もあります。呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部は、細胞を酸化させる活性酸素になります。細胞の酸化とは、いわば体がさびて、老化すること。活性酸素のはたらきを抑えることは、皮膚の老化を抑制することだといえるのです。

紫外線対策には“ビタミンACE(エース)”

ビタミンCと同じく抗酸化作用がある栄養素として、ナッツ類やコーン油などに多く含まれているビタミンEがあります。ビタミンEには血行をよくするはたらきもあるので、肌のハリを保つことができます。また、古い細胞から新しい細胞へと変わる新陳代謝も促します。

ビタミンAも抗酸化作用がある栄養素のひとつで、さらに皮膚や粘膜の健康を維持するはたらきもあります。β-カロテンという栄養素が必要に応じて体内でビタミンAに変わるので、効率よく摂取するには、β-カロテンが豊富な緑黄色野菜などを食べるとよいでしょう。

ご紹介したビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、老化を防ぐのに効果的な栄養素として「ビタミンACE(エース)」と総称されることがあります。夏に肌のトラブルが気になったら、外食するときや献立を考えるときなどには、この3種類のビタミンをぜひ思い出してください。

参考文献
『新しい栄養学と食のきほん辞典』西東社

ビタミンACE!

  • どうしてシミができるの?

このページのTOPへ