ビタミンコラム | 紫外線対策

ギラギラ太陽は容赦ない!紫外線対策

どうしてシミができるの?

待ったなし! 女性の肌トラブル

いつまでも若々しく、キレイでいたい!そう願う女性にとって、見た目の年齢を大きく左右する肌のトラブルは、切実な問題です。鏡を見るたびに年齢を感じて、ついついため息をついてしまう…。そんな方は少なくないでしょう。

シワやたるみと同じく、常に悩みの上位に入るのが、年齢とともに増えるシミ。皮膚の一部がポツンと黒ずんで見えるので、どうしても目立ってしまいます。しかも、一度できたシミを落とすのは難しいもの。というのも、年齢とともに増えるシミは、色素が皮膚にたまり、しっかりと定着した状態になっているからです。

肌の表皮を構成する層の中で、もっとも内側に位置する基底層には、メラノサイトという細胞があります。この細胞からつくられる、メラニンという黒っぽい色素が皮膚にたまることは「色素沈着」と呼ばれ、いわゆるシミになります。色素沈着は紫外線によって引き起こされるので、紫外線が強くなる夏は、シミを気にする人にとって、特に注意が必要な季節だといえます。

どうしてシミができるの?

なぜ必要?夏の紫外線対策

太陽から発せられる紫外線は、波長の違いによってA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)という3種類に分けられます。このうち、もっとも波長が短いC波は、地球全体をおおっているオゾン層で吸収されるため、地上で暮らす私たちには届きません。つまり、私たちが日頃から浴びている紫外線は、A波とB波の2種類ということになります。

紫外線 波長の違い

これらを浴びると、メラノサイトが活性化されて、メラニンが多くつくられます。やがて色素沈着が起こると、シミとなって残ることに。肌を健康に、美しく保つために、夏は紫外線の対策が必要だといわれるのは、こうしたメカニズムによってシミができているからなのです。

参考文献
『からだのことがよくわかる女性の医学』池田書店
『看護学学習辞典』学習研究社

  • 紫外線対策にこのビタミン!

このページのTOPへ