お悩みコラム

パソコンの使い過ぎで、身体が悲鳴をあげている?

目のトラブルは危険信号?

ミユキ : おひさしぶり!
あら?リカコ、目を押さえて、どうしたの?

リカコ : 目が痛くて…。
最近、目が疲れやすいし、時々急に痛くなることがあるの。
悲しくないのに涙が出ることもあるし…。

カオリ : そういえば私の会社でも、よく目薬をさしている人がいるけれど、
なぜかしら?

ミユキ : リカコ、他にも物がかすんで見えるとか、
目が疲れやすいことはある?

リカコ : そういえば仕事でずっとパソコンの画面を見ている時とか、
たまに視界がかすむことがあるわ。
視力が落ちてきたのかと思っていたけれど…。

ミユキ : パソコンの画面を長く見ている時に視界がかすむのは、
パソコンの使いすぎによる目のトラブルの1つかもしれないわね。
スマホの使い過ぎでも起こることがあるのよ。

リカコ : スマホでも?

パソコンやスマホを使いすぎると…

  • 1)目の症状
    疲れ目、目の痛み、目の乾燥、かすみ目、
    視力の低下、モノがぼやけて見える など
  • 2)身体の症状
    手首の痛みや炎症(腱鞘炎)、肩こり、
    首や背中の痛み、腰痛 など
    (ひどくなってくると、手や指のしびれ、手や腕の脱力感、
    ストレス症状などの症状も)


長時間のパソコン使用で、肩や腕も疲れている

ミユキ : いつも、どれくらいの時間、座ったままで仕事をしているの?

リカコ : 長い時は3時間以上集中しているかな。最近は昼食が午後にずれてしまうこともあったわ。
座ったままでいると、時々背中が痛くなることもあるの。

ミユキ : それは、酷使した身体からのサインだと思う。
実際、「パソコンなどで作業している人の7割以上の人が身体の疲れを感じている」というデータもあるそうよ。

カオリ : 疲れを和らげる方法はないのかしら?

パソコンやスマホとの上手な付き合い方

  • 1)作業姿勢
    前傾姿勢にならないよう、椅子に深く腰掛け、背もたれに背中を十分にあて、足の裏全体を床に付ける(必要であれば、背中のクッションや足台などで調整する)
  • 2)ディスプレイ
    ・目とディスプレイの距離はおよそ40㎝程度に調整する ・自分の作業しやすい高さを考慮しつつ、視線は正面からやや下向きになるようにディスプレイの位置を調整する ・画面に蛍光灯や陽の光が反射しないような工夫をする
    (明るい窓にはブラインドやカーテンをつける)
    ・パソコン画面上の文字のサイズは、自分が一番見やすいと感じるサイズに調整する
  • 3)作業時間
    連続作業時間を1時間程度として、連続作業と連続作業の間には、10~15分の休憩をいれる

リカコ : 理想は分かるけれど、1時間ごとの休憩は取りにくいかな。

カオリ : 仕事をしていないように見られてしまうかもしれないわね。

ミユキ : 必ずしも離席をしなくても良いのよ。
目を閉じて温めたり、意識してまばたきを増やしたり、
窓の外など遠くを見たりするだけでも効果はあるの。
他にも、エアコンの風が目にあたると目が乾燥してしまうから、
デスクに小さな加湿器を置くとかね。
当然だけれど、メガネやコンタクトは自分の目に合ったものを使ってね。
それから、最近は強すぎる光やパソコンなどからの
青い光(ブルーライト)が目の老化を早めるともいわれているから、
ブルーライトをカットするメガネや液晶フィルムも
良いかもしれないわね。

カオリ : 肩こりや手首の痛みはどうすれば良いのかしら?

ミユキ : まずは仕事をする環境を整えてみるのはどう?
リストレスト(※)を使うとか、マウスやキーボードはエルゴノミクス(人間工学)に則ったものを使うと、
余分な力が入らないから、疲労が軽減するそうよ。

リカコ : 会社で自前のマウスを使っている人がいるけれど、そういう理由だったのね。

ミユキ : でも、目の症状は目薬などできちんと治療した方が良いこともあるから、
一度眼科へ行ってみてはどうかしら?

カオリ : 肩や背中は、温めたりマッサージしたりすることで少しは楽になりそうだけれど…。
直接患部に塗り薬や貼り薬を試すのも良いかもね。

リカコ : そうね。目は眼科を受診してみるわね。
首から肩のコリには、塗り薬を探してみるわ。

※ リストレスト:手首(リスト)を休める(レスト)もの。パソコンのキーボードやマウスの手前に置いて、その上に手首をのせることで、パソコン作業による手首の疲れを軽減してくれます。中身がスポンジ状のものや、ジェル状のものがあります。

  • 参考文献
  • 『VDT健診』産業医実務研修センター
  • 『新しい「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」の策定について』厚生労働省

ページトップへ
  • お悩みコラム
  • パソコンの使い過ぎで身体が悲鳴をあげている?
  • “寝る”と“眠る”は別のこと
  • めまいの原因は良性のものから脳の病気まで
  • カラダの冷えは、万病の元!?
  • その肌荒れ、まさかの老化現象!?
  • 夏のオシャレが肩こりの原因!?
  • オイシク食べて 暑い夏を乗り切るには?
  • オシャレな足元にこそ水虫のキケンが潜んでいる!?
  • 天才は頭痛持ち!?頭痛と上手に付き合う方法
  • わかっているけどやめられないのは…過食!?
  • 若くても油断大敵!女性と頻尿の関係
  • 息さわやか美人に!印象アップの口臭ケア
  • 話題の健康アドバイス
  • 南アフリカからやってきた注目のルイボスティー
  • 始めませんか?グリーンスムージー生活
  • 朝活もサクサクはかどる!栄養満点グラノーラ
  • カラダぽかぽか、お肌すべすべ美の源は温泉にあり!?
  • こんな飲み方はいかが?ワインで優雅に健康に!
  • これなら続く!食べる順番でダイエット
  • 女性は登山でキレイになれる!健康的に登るための栄養学
  • 自分磨きの落とし穴!爪もやっぱり健康第一
  • 大人の女子のランニングは、無理せず・楽しく・美しく!
  • キレイの秘訣!?バラの香りのバスタイム
  • 疲れた体にうれしい!塩麹の健康パワー
  • ヘルシーにいただくパンケーキ
  • 大鵬薬品 ヘルスケア商品ページはこちら