生産本部

「よりよい品質 より健康に 幸せに」の品質方針のもと、常に最高品質に挑戦

  • 生産本部image

近年の「患者さん中心の医療」「入院から在宅治療へ」という流れによって、処方された治療薬を患者さん自身が正しく服用できるための対応が求められています。また、「個別化医療」の普及によって、使用する薬は多種多様になってきています。薬には確かな効果はもとより、患者さんが手にしたときの分かりやすさ、扱いやすさも強く求められます。そのような患者さんの声に応えるために、大鵬薬品では、抗がん剤の生産においてこれまで培ってきたノウハウを生かし、業界をリードする万全な品質保証体制を確立、技術の向上にも力を注いでいます。また、製薬技術、生産、営業の3部門間で情報を共有することにより、医療現場の声をフィードバックし、そこから得られるニーズに素早く対応しています。これからも患者さんにとっての最高品質を安定的に供給し、さらなる万全な体制の確立と技術の向上に努めてまいります。

グローバル基準の品質保証
安心・安全な製品づくり

  • 生産本部image

大鵬薬品は、主力工場である徳島工場をはじめ、2013年5月に徳島で2カ所目の工場として竣工した北島工場、そして岡山、埼玉、犬山の計5つの工場が連携しながら生産工程の最適化を図り、さらに自ら厳しい品質管理基準を設け、医療用医薬品、OTC医薬品、医薬部外品を製造しています。特に、抗がん剤に関しては他の医薬品と製造エリアを分離し、最先端の設備を整えクローズド化を確保した専用工場において、万全な品質管理を行っています。

  • 生産本部image

また、生命に関わる医薬品は常に安定的に供給できなければなりません。そのために、自然災害やパンデミックなどに備え、BCP※1を作成し、対策を行っています。2016年5月には抗がん剤の安定供給に関して事業継続マネジメントの国際規格である「ISO22301」を取得しました。いずれの工場においてもGMP※2基準を順守し、中でも北島工場は米国当局の査察、徳島および埼玉工場は米国、欧州当局の査察を受け、適合の評価を得るなど、国際的な水準を満たしています。さらに良き企業市民として環境保全にも最優先で取り組んでおり、徳島、岡山、埼玉の3サイトで環境マネジメントの国際規格「ISO14001」を取得しています。※3

※ 1 BCP:Business Continuity Plan(事業継続計画)
※ 2 GMP:Good Manufacturing Practice(医薬品および医薬部外品の製造および品質管理に関する基準)
※ 3 北島工場は2017年7月に取得予定

徳島工場 錠剤、カプセル剤、顆粒剤、注射剤、ドリンク剤などさまざまな剤形の医薬品、医薬部外品を製造しています。
北島工場 「ティーエスワン配合OD錠」「ロンサーフ配合錠」を製造しています。
北島工場についてはこちら
岡山工場 100mLのチオビタドリンクシリーズを製造しています。
埼玉工場 原薬(「ティーエスワン」「ユーエフティ」「ロンサーフ」「ユーゼル」「アイピーディ」の主成分)を製造しています。
犬山工場 「ハルンケア」の生薬原料を製造しています。