コンプライアンス

コンプライアンス 基本姿勢

大鵬薬品は「私たちは人びとの健康を高め 満ち足りた笑顔あふれる 社会づくりに貢献します。」という企業理念に基づいて、疾病を克服し人々の健康な生活を維持向上させるために有用な医薬品を提供する事業を展開しています。その事業活動においては、当社のコンプライアンスプログラム及び関連する法令・諸規定を遵守し、「社会から信頼される存在価値のある企業」を目指しています。

1. 推進組織

コンプライアンス推進を経営の最重要課題との一つとして位置付け、コンプライアンス委員会の設置、全社的なコンプライアンスの統括部署としてコンプライアンス部を設置しています。

2. 教育・研修

入社時や各部門の研修時の際には、必ずコンプライアンスに関する内容を組み込み、コンプライアンスの意義・重要性を全社・各部門に浸透させ、役員・従業員の共有の価値観としてコンプライアンスの内容を広めています。

3. ヘルプライン

法令違反ないしは不正行為による不祥事の未然防止、早期発見及び自浄機能が発揮できるようヘルプラインを設けています。業務上の法令違反や社会から非難を受けるおそれのある事項等に加えて、セクシュアル・ハラスメントやパワー・ハラスメントに関する相談を受け付けています。相談・通報者及び内容は秘密裡に扱われ、通報者が不利な処遇を受けることはありません。

4. コンプライアンス監査

監査等のチェックを行う意義は、故意による法令違反はもちろん、現場段階で問題の存在を確認できなかった場合や、存在は認識できたものの誤った判断をしてしまった場合に起こる法令違反を早期に発見するとともに、同じ過ちを二度と繰り返さないよう対応することにあります。監査等のチェックを確実に行うことがコンプライアンスプログラムの要の一つとなっています。

  • TOP
  • CSR
  • コンプライアンス