ページ内移動用のメニューです。

大鵬薬品


阿波踊り体操の効果

阿波踊り体操は全身運動

阿波踊り体操(基本編)にはわずか3分半という短い時間の中に約20もの動作が組み込まれていて、全身の筋肉をくまなく使えるようになっています。
前半は肩・背中・体側・腰のストレッチ効果と、太もも・ヒップ・ふくらはぎの筋力づくりになり、後半はリズムに乗って阿波踊り特有の動きを取り入れた全身運動が続きます。

阿波踊り体操の構成

阿波踊り体操を踊ったときの、ウォーキングとの筋肉の使い方の違いを比較すると、首や肩、太腿の筋肉に刺激を与えていることが分かります。
このように阿波踊り体操は、肩や腰をほぐし、良い姿勢と強い足腰を保つ効果があり、膝痛の予防にも役立ちます。

阿波踊り体操とウォーキングの筋肉の使い方の違い

ページ上部へ

阿波踊り体操は高い運動量

測定の結果から、阿波踊り体操(基本編:3分半)を1回行うと、10~15kcalのエネルギーを消費できることがわかっています。阿波踊り体操の運動強度は3~4メッツ程度、歩行から速歩の運動強度に相当します。しっかり動くことを意識するだけでも運動量は2割アップ。3分半の実施で軽く汗ばむ感覚が体験できます。
1日に何度も阿波踊り体操を踊ることは大変なので、そのほかの運動を取り入れることもおすすめです。たとえば徳島市の商店街では、阿波踊り体操とウォーキングを組み合わせて取り組んでいます。複数の運動を組み合わせることによって、運動の効果と運動量の双方をよりバランス良く高めることができるのです。

そういえば、肩凝りがちょっと楽になったような気がするぶぅ。

でもなんで大鵬薬品さんが阿波踊り体操を取り上げてるの?