ページ内移動用のメニューです。

大鵬薬品


メタボは万病のもと

メタボとは?

メタボとは、メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)の略称です。メタボは単なる肥満症ではありません。シンドローム=症候群という名前が意味するように、内臓に脂肪が蓄積された上、高血圧・高血糖・糖代謝異常・脂質代謝異常の中の2つ以上が該当している状態を指します。つまり体にとって負荷のかかる悪い条件が、複数揃っている状態です。日本では、今はまだメタボとは言えないけれど、気をつけないといけない人たち、つまり予備軍も急増しています。

肥満・メタボリックシンドロームに関しましては、こちらのサイトをご参照下さい。
「スマート・ライフ・プロジェクト」サイト内「定期的に振り返る肥満・メタボリックシンドローム」ページ

ページ上部へ

メタボリック・シンドロームは何が問題なの?

メタボは生活習慣病やいろいろな病気の原因になります

日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中です。そのうち心臓病と脳卒中の要因となるものが動脈硬化です。メタボは肥満の中でも特に動脈硬化を引き起こす危険性を含んでいます。このほかにもさまざまな生活習慣病を引き起こす要因にもなります。

メタボが要因となるその他の生活習慣病

・高血圧症
血圧の最高値/最低値、または両方が慢性的に基準値を超える血圧値を示す状態です。心臓への負担が大きくなり、放置すれば心臓病を併発したり動脈硬化を進行させる場合があります。

・高脂血症
血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に多く見られる症状です。放置しておくと血管内に脂質が溜まっていき、最終的には心筋梗塞・脳梗塞の発作を引き起こす場合があります。

・糖尿病
血糖値を調整するホルモン「インスリン」が不足して血液中のブドウ糖が筋肉や内臓に運ばれなくなる病気です。慢性的にエネルギー不足となり、進行すると白内障などの慢性合併症を併発する場合があります。

これらの生活習慣病は発症を自覚しづらいため、気が付いたときには重度に進行している場合があるのです。

こわい~>< ぼくコレステロール値が高かったよ~

明日からがんばります。
でもどうしたらいいの?