ページ内移動用のメニューです。

大鵬薬品


大鵬薬品と阿波踊りの関係とは?

大鵬薬品のふるさと、徳島県

いまから46年前の1963年(昭和38年)、大鵬薬品は徳島県の鳴門にある大塚製薬の工場内に設立されました。その後、最新鋭の設備を次々と増設し、現在の第1から第10工場までの大規模な生産体制を築き、ソルマックなどのドリンク剤や様々な医薬品、医薬部外品を製造、大鵬薬品の生産の中心となっています。

徳島工場

徳島ってどんなところ?

徳島県は四国の東部に位置し、瀬戸内海・紀伊水道・太平洋に面している一方で、山地も多く、県全体面積の約8割を占めているという自然に恵まれた地域です。関西圏と明石海峡大橋・大鳴門橋で結ばれているという地理的条件を活かして、多くの県産品が出荷されています。

もっと詳しく徳島を知る

ページ上部へ

徳島といったら阿波踊り!

徳島と言えば、何と言っても「阿波おどり」。400年の歴史をもつ庶民のお祭りは、8月のお盆の時期に県内一帯で行われ、全国各地から約130万人の人出でにぎわいます。阿波踊りでは一つの踊りのグループの事を「連(れん)」と言います。大鵬薬品もこの祭りに協賛すると共に、徳島工場地区の社員を中心に「チオビタ連」を結成して参加し、地域の祭りを盛り上げています。

チオビタ連インタビュー

全国の阿波踊り

阿波踊りのふるさと徳島県。行って見たいぶー!

もし観光に行くとしたらどんなとこがあるのかなぁ。