二日酔い対策本部24時

大鵬薬品

報告2 二日酔いの治し方 アノ食べ物が効く!?篇

緊急!緊急!昨晩女友達3人とともに飲み会へ参加した20代女性が二日酔いの被害に遭っているとの情報!現在は自宅のベッドで動けない状態!現場に急行せよ!

イーチャン イーチャン: 本部長!ただいま戻りました!
本部長 本部長: うむ、ご苦労だった。で、状況は?
イーチャン イーチャン:

はい、被害者は20代女性。昨夜開催された飲み会において、三次会までの間にカクテル、梅酒、
ハイボール、ワインを飲み、二日酔いの被害に遭ったようです。
カンゾー カンゾー:


同席した女友達から、気になる証言を得ることが出来ました。被害者の
女性は『お酒を飲む前に牛乳を飲むと、胃に膜が出来て悪酔いしないのよ。
だから今日も飲んできたの』と、飲み会の前に言っていたそうです。
本部長 本部長:

被害者は、『牛乳を飲むと胃に膜が出来てアルコールの吸収を抑える』という迷信を
すっかり信じ込んで、油断して飲み過ぎてしまったようだな。
カンゾー カンゾー: え!迷信なんですか!?
本部長 本部長:


正確には牛乳などの乳製品に含まれるタンパク質が、肝臓の働きを高めて、アルコールの分解を助ける
効果はある。しかし、決して胃の粘膜をガードしてアルコールの吸収を抑えている訳ではないんだ。
だから牛乳を飲んだからといって、安心してはいけないんだな。
イーチャン イーチャン:

乳製品に含まれるタンパク質は肝臓の働きを高めるってことですけど、
食品の中には他にも二日酔いに効果的なモノもあるんですか?
本部長 本部長:

うむ。二日酔いになってしまった時に効果的と言われている食品や、二日酔いを防止する食品は
いくつかあるぞ。

二日酔いに効果的な食品・防止する食品

  • 海産物:肝機能を強化する成分として、タウリンがあります。タウリンは、かき、たこ、いか、しじみ、ほたてなどの海産物に豊富に含 まれています。(※永田純一「ウコン摂取と生理学的有効性・安全 性との関係」(独)国立健康栄養・栄養研究所)
  • アスパラガス:アスパラガスに含ま れるアミノ酸やミネラルに二日酔いを軽減し、毒素から肝細胞を守る効果があります。(※韓国・済州大学校医科大学の研究結果)
  • ごま:ごまに含まれるセサミンは、アル コール分解に効く成分が豊富です。二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解効果を遺伝子レベルで高めることが最新の研究で明らかになっています。(※サントリー健康科学研究所)
  • 柿:アルコールを分解する作用のある酵素・タンニ ンとアルコールデヒドロゲナーゼが含まれています。さらに豊富なカリウムが利尿を活発にする効果もあります。(※食の医学館(小学館)、「旬の食材 四季 の果物」(講談社))
  • カブ:アミラーゼやジアスターゼなどの消 化酵素を含み、胃腸に優しく、二日酔いの緩和に効果的です。(※食の医学館(小学 館)、「旬の食材 四季の果物」(講談社))
  • 大根おろし:大根の皮の部分にビタミンCが多く含まれる ため、肝臓の活動を活発にしてアセトアルデヒドの分解を助けます。二日酔いの防止と解消には、小鉢一杯ほどの大根おろしを摂取すれば効果があると云われています。(※出典:「2008 改訂新版 健康・栄養食品事典」)
イーチャン イーチャン: どれも普段から食べている、身近な食品ばかりですね。
本部長 本部長: どの食品にも二日酔いに対する即効性はないが、効果的な食品として覚えておくと良いだろうな。
カンゾー カンゾー:

本部長、即効性のある二日酔い解消法というのはないんですか?
例えばサウナに入って、汗をかくとか?
本部長 本部長:


多量のアルコールを摂取すると、肉体的には脱水症状をおこして
いる状態になっているんだ。そこでさらにサウナで汗をかいても
逆効果。心臓への負担も考えると避けた方がいいだろうね。
カンゾー カンゾー: そうなんですか…。何となく二日酔い解消になりそうなイメージなんですけどねぇ…。
イーチャン イーチャン: 二日酔いになったら、迎え酒をするって話も聞きますよね。
本部長 本部長:

迎え酒も、単にアルコールで二日酔いの不快感を麻痺させているだけ。
二日酔いの辛さを先延ばしに出来る程度で、根本的な二日酔いの解消にはならないな。
イーチャン イーチャン: よく耳にする二日酔いの解消法って、意外と効果がないのね…。
本部長 本部長:



そもそも即効性のある二日酔い解消法というのはないんだよ。だから二日酔いになったら、
充分な”睡眠”と”水分補給”を心掛けて欲しい。水分補給は、水やお茶よりも体内に吸収されや
すいスポーツドリンクがオススメだ。肝臓がアルコールを分解するときに必要な糖分もスポーツド
リンクには入っているしな。
カンゾー カンゾー: ゆっくり体をいたわることが、二日酔い解消の近道ということですね。
本部長 本部長:


その通り。その他にも、42℃以下のお湯に半身浴で3分程度入浴する解消法や(※)ウコンなどの生薬で
解消する方法もある。
(※「すぐに役立つ家庭療法」神谷節子/陣内秀喜)
イーチャン イーチャン: 最近よく耳にしますけどウコンにはどういう効能があるんですか?
本部長 本部長: ウコンは、

ショウガ科ウコン属の多年草だ。 種類は世界中に約50種類ほどあり、そのなかでも『秋ウコン』 という種類に多く含まれるクルクミンという成分が、胆汁の分泌を活発にして肝細胞を刺激し、肝臓の働きを良好に維持する(※永田純一「ウコンにつ いて」食品成分有効性評価及び健康影響評価プロジェクト解説集)

    と言われているんだ。ウコンの他にもニンジン、オウレン、ケイヒ、ショウキョウなんかも、
二日酔いに効く生薬と言われているぞ。
 
イーチャン イーチャン: 食物や生薬が、二日酔い対策の強い味方になってくれるんですね。

上へ戻る