肝機能異常を知るには?

マップ START trivia1.肝臓の役割は? trivia2.肝臓はどれくらいの重さ? trivia3.肝機能異常とは? trivia4.肝機能に異常がある人ってどのくらいいるの? trivia5.肝機能異常を知るには? trivia6.肝臓が悪くなると、どんな症状が出るの? trivia7.あなたの肝臓は大丈夫? trivia8.脂肪肝の人は必ず太っている? trivia9.脂肪肝は普段の生活の心がけが大切です! trivia10.毎日お酒を飲み続けると、お酒に強くなる? trivia11.お酒を飲むときには…。 trivia12.肝臓にやさしい食べ物は? GOAL

肝機能が正常かどうかは血液検査でわかる!

肝機能に関する血液検査結果の正常値。GOT(AST)30以下。GPT(ALT)30以下。γ-GTP50以下。日本人間ドック学会より。診断実施施設により若干数値に差があります。

肝臓病を早期に発見するためには、血液検査を受けることです。簡単に見つけることができます。肝臓が沈黙を破って異常を訴える前に、ぜひ発見したいものです。とくに、両親や兄弟姉妹に肝臓病患者がいる人、輸血を受けたことがある人、かつて急性肝炎にかかったことがある人、常習的にお酒やお薬を飲んでいる人、太りすぎの人などは、定期的な血液検査が望まれます。

■参考文献:熊田博光『専門医がやさしく教える肝臓病』PHP研究所 2007年 24ページ

検査項目の代表的なものといえば、血液中の酵素の量を測定する検査です。AST(GOT)やALT(GPT)などは健康診断でも行われているので、知っている人も多いでしょう。

■参考文献:熊田博光『専門医がやさしく教える肝臓病』PHP研究所 2007年 26ページ

天使「早期発見のためにも、健康診断などで定期的に検査を受けることが大切ですよ。」
  • ツイート
  • Share (facebook)
前へ戻る
次へ進む