毎日お酒を飲み続けると、お酒に強くなる?

マップ START trivia1.肝臓の役割は? trivia2.肝臓はどれくらいの重さ? trivia3.肝機能異常とは? trivia4.肝機能に異常がある人ってどのくらいいるの? trivia5.肝機能異常を知るには? trivia6.肝臓が悪くなると、どんな症状が出るの? trivia7.あなたの肝臓は大丈夫? trivia8.脂肪肝の人は必ず太っている? trivia9.脂肪肝は普段の生活の心がけが大切です! trivia10.毎日お酒を飲み続けると、お酒に強くなる? trivia11.お酒を飲むときには…。 trivia12.肝臓にやさしい食べ物は? GOAL

毎日飲み続けるとお酒に強くなるというのは間違い!

お酒を飲むと、体内に吸収されたアルコールは肝臓へ運ばれます。そこでアセトアルデヒドと水素に分解され、さらにアセトアルデヒドは酢酸と水素に分解されて最終的に炭酸ガスと水になって体外へ排出されます。ここで登場したアセトアルデヒドが血液中に増えると酔っぱらい状態になります。このアセトアルデヒドを分解する酵素が多いか少ないかが、お酒に強いか弱いかを決めています。この分解酵素は性別差、個人差があり、お酒をたくさん飲んだからといって、お酒に強くなれるわけではありません。

■出典:JA全農やまぐち 体にいいお話 『肝臓とアルコール』

天使「つまり、お酒に強い人の肝臓も弱い人の肝臓も、飲んだぶんだけ肝臓に負担がかかるんですよ。」好夫「ひえ~。さっそく休肝日をつくって肝臓を休ませます!」
  • ツイート
  • Share (facebook)
前へ戻る
次へ進む