肝臓にやさしい食べ物は?

マップ START trivia1.肝臓の役割は? trivia2.肝臓はどれくらいの重さ? trivia3.肝機能異常とは? trivia4.肝機能に異常がある人ってどのくらいいるの? trivia5.肝機能異常を知るには? trivia6.肝臓が悪くなると、どんな症状が出るの? trivia7.あなたの肝臓は大丈夫? trivia8.脂肪肝の人は必ず太っている? trivia9.脂肪肝は普段の生活の心がけが大切です! trivia10.毎日お酒を飲み続けると、お酒に強くなる? trivia11.お酒を飲むときには…。 trivia12.肝臓にやさしい食べ物は? GOAL

ビタミンB群は肝臓の機能を活発にする!

ビタミンの中でも、とりわけ肝臓と深い関係にあるのは、ビタミンB群です。
これは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸アミド(ナイアシン)、パントテン酸、葉酸などをさします。これらのビタミンB群は、体内の代謝をスムーズにし、糖質や脂質、タンパク質などをエネルギー源に変えるのに欠かせないビタミンです。<中略>
ビタミンB群はすべて小腸で吸収されて、肝臓でビタミンとして働くようになります。

■参考文献:『肝臓にぐぐっと効く本』主婦の友社 2010年 17~19ページ

好夫「ビタミンB群を多く含む食品ってなんですか??」天使「豚もも肉、大豆、落花生、ロースハム、玄米、鶏レバー、胚芽米、小麦胚芽などですよ!」
  • ツイート
  • Share (facebook)
前へ戻る
次へ進む