大鵬薬品

MENU

治療を始める前に

治療を安全に行うために、下記の項目に当てはまる方は、必ず担当の医師にお伝えください。
あなたのからだの状態や検査の結果によっては、この治療が受けられないことがあります。

心当たりがある人は、あらかじめ担当の医師や薬剤師、看護師に伝えておきましょう。
  • 今、使用している薬がある。
  • 薬や食べ物にアレルギーがある。
  • 心臓・腎臓・肝臓の病気がある。(検査値の異常がある。)
  • 妊婦または妊娠している可能性がある。

他の医師または歯科医師の治療を受けるときには、ティーエスワンの治療を受けていることを伝えてください。

ティーエスワンってどんな薬?

ティーエスワンは1999年に発売され、がんを治療する薬として、広く使われています。

この薬は、フルオロウラシル(5-FUと略されます)という、がんを治療する薬の効果を高め、副作用を少なくするために開発された薬です。

以下の3つの成分が配合されています。

テガフール 体内でフルオロウラシルに変換され、がん細胞を攻撃します。
ギメラシル フルオロウラシルの分解を抑えて効果を持続させます。
オテラシルカリウム 下痢などの消化器系の副作用を減らし症状を軽くする働きをもっています。

ティーエスワンにはOD(オーディー)錠と顆粒剤、カプセル剤があります。

OD錠

  • ティーエスワン
    配合OD錠T2020mg
    カプセル剤 包装シート

    おもて

  • ティーエスワン
    配合OD錠T2525mg
    錠剤 包装シート

    おもて

顆粒剤

  • ティーエスワン
    配合顆粒T2020mg
    スティック
  • ティーエスワン
    配合顆粒T2525mg
    スティック

カプセル剤

  • ティーエスワン
    配合カプセルT2020mg
    錠剤 包装シート

    おもて

  • ティーエスワン
    配合カプセル25mg
    錠剤 包装シート

    おもて

ティーエスワンは飲み薬ですので、病院だけでなく自宅や職場などで服用できます。より安全に効果的に服用するために、必ず担当の医師の指示にしたがい、定期的に診察を受けましょう。

服薬記録ってなんだろう?

服薬記録は、ティーエスワンを服用される方のために、飲んだ量や症状、気になることを記入していただくための冊子です。

ティーエスワンは飲み薬ですので、通院して治療を行うことが多いため、薬の服用状況や体調の変化をご自身で管理していただくことがとても大切です。

服薬記録は、飲み忘れの防止や治療による体調の変化を把握することができ、また、担当の医師が治療をすすめていくうえで、あなたの状態を知ることにとても役に立ちます。通院時にはこの冊子を持参して気になることや、わからない点を担当の医師に相談するためにご活用ください。

※クリックするとpdfファイルが開きます。

  • 「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」web版公開中
  • 乳がんに関する不安や疑問について専門医がわかりやすく回答しています