大鵬薬品

MENU

ティーエスワンの効果と飲み方

ティーエスワンは以下のがんに対して使われます。

  • 胃がん
  • 結腸・直腸がん
  • 頭頸部がん
  • 非小細胞肺がん
  • 膵がん
  • 胆道がん
  • 手術ができない または再発乳がん

他の抗がん剤と一緒に使用する場合には、こちらのQ&Aをご覧ください。

服用方法

飲み方

  • 担当の医師の指示にしたがって、決められた量を1日2回、朝食後と夕食後にそれぞれ食後30分をめやすに飲んでください。
  • 空腹時の服用はさけてください。

1日に飲む量は、あなたの身長と体重をもとに、からだの状態を考えて決められます。

飲む薬

ティーエスワンには3つの剤形があり、いずれかの薬を飲みます。必ず、医師の指示通りに服用してください。

OD(オーディ)錠の場合

1回に飲む錠剤の数だけ包装シート(PTP シート)から錠剤を取り出し、舌の上でだ液にふやかして飲み込むか、またはコップ1杯程度の水でお飲みください。

錠剤の取り出し方

顆粒の場合

スティックの「きりくち」から切れ目にそってきりとり、中の顆粒をコップ1杯程度の水またはぬるま湯でお飲みください。

顆粒の開け方

顆粒の開け方

カプセルの場合

1回に飲むカプセルの数だけ包装シート(PTP シート)からカプセルを取り出し、コップ1杯程度の水またはぬるま湯でお飲みください。

カプセルの取り出し方

治療スケジュール

通常28日間(4週間)毎日続けて飲み、その後14日間(2週間)お休みします(休薬期間)。

あなたの状態や副作用をみながら、これを繰り返します。

治療スケジュール

実際の治療スケジュールや服用する薬の量は、あなたの状態や副作用の程度などによって変わることがあリます。

詳しくは担当の医師に確認してください。

服用時の注意点

決められた量、服用期間を守る

自分の判断で飲む量や服用期間を変更しないでください。

飲む薬の量、服用期間、休薬期間は、担当の医師があなたの症状からもっとも適切と判断したものです。自分の判断で変更しないでください。

投与スケジュールを変更する場合

担当の医師があなたの症状や副作用をみながら、飲む量、服用期間(短くしたり)や休薬期間(長くしたり)を変更することがあります。

飲み忘れた場合

  • 飲み忘れた場合には、飲み忘れた分をとばして(服用せず)、次の分からお飲みください
  • 絶対に2回分を一度に飲まないでください。この薬の副作用が強くあらわれるおそれがあります。

飲み忘れたからといって、2回分を一度に飲まないで下さい。

飲んだか、飲まなかったか、わからない場合

念のため、飲まないようにしてください。

まちがえて多く飲んでしまった場合

すぐに担当の医師または薬剤師に連絡してください。

食後に飲む薬です

  • ティーエスワンは(いちばん効きやすいように)食後に飲むように決められています。
  • 食事がとれないときは薬を飲んでよいかどうか担当の医師に相談してください。

定期的な受診

薬の効果の確認や副作用を早く見つけるために、必ず担当の医師の指示にしたがい、定期的に診察や検査を受けてください。

服薬記録をつける

服薬状況、からだの状態、気づいた症状をメモしておき、診察時に担当の医師や薬剤師に見せましょう。

副作用があらわれた場合

副作用の種類や程度にもよりますが、次のような症状があらわれた場合には、薬を飲むのをやめてすぐに担当の医師に連絡してください。

  • 発熱:38℃以上の熱
  • 下痢:1日の排便回数がふだんよりも4回以上増加
  • 口内炎:口内炎や吐き気などで食事がとれない

症状とその対応については、副作用に関する注意をご覧ください。

  • 「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」web版公開中
  • 乳がんに関する不安や疑問について専門医がわかりやすく回答しています