大鵬薬品

MENU

ティーエスワンの副作用について

ティーエスワンの副作用について

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えることがあるため、治療中には何かしらの副作用があらわれる可能性があります。
抗がん剤による治療を行うときは、副作用を上手にコントロールしながら治療を続けていくことがとても大切です。

副作用があらわれた場合には、医師は抗がん剤を減らしたり、症状に対処するための薬を処方することがあります。
また、あなた自身で予防・対処できることもありますので、予想される副作用については、いつ頃どのようにあらわれるかを事前に知っておくことが大切です。
副作用が、これぐらいひどくなったら薬を飲むのをやめて医師に連絡するという目安を、医師と事前に話し合っておくことも大切です。
そうすれば、安心して治療にのぞむことができます。

おもな副作用と発現時期のめやす

副作用は検査でわかるものと、自分でわかりやすいものがあります。

副作用の発現には個人差があり、症状や程度、あらわれる時期はさまざまです。

おもな副作用の発現率

10人中、何人にあらわれるかを以下に示しています。

※あらわれる副作用の種類や程度は患者さんにより異なります。

飲み始めてから注意する症状

次のような症状に気づいたら、すみやかに、担当の医師、薬剤師に連絡してください。

かぜのような症状

  • 熱が出る
  • のどが痛む
  • せきが出る

口やおなかの症状

  • おなかが痛い
    下痢になる
  • 口内炎ができる

皮膚や目の症状

  • 発疹・手足の皮膚炎
  • 皮膚や目が黄色くなる
  • 皮膚にあざができる
    (紫色・赤色)
  • 涙が出る
    目が痛い

尿の変化・出血

  • 尿が茶色っぽくなる
    尿に血が混じる
    便に血が混じる
  • 鼻や歯ぐきから出血する

その他

  • 体がだるい
  • 吐き気がする
    食欲がなくなる

これ以外にも、気になる症状がある場合は必ず担当の医師、薬剤師に連絡してください。

薬剤保管上の注意
  • あなた以外の人が飲むことのないように気を付けてください。
  • 子どもの手の届かない所に保管してください。
  • 直射日光、高温、湿気をさけ、室温で保管してください。
  • 「抗がん剤・放射線治療と食事のくふう」web版公開中
  • 乳がんに関する不安や疑問について専門医がわかりやすく回答しています