Product / 商品情報

ゼノール エクサムSX

ゼノール エクサムSX
第2類医薬品
セルフメディケーション税 控除対象

フェルビナク3%配合!
関節・筋肉・肩の痛みをとる

  • 肩から首すじまで広範囲にしっかりぬれる
  • 痛みにグリッと広くぬれる太ぬりチックタイプ
Point1

フェルビナクが患部に浸透して、関節・筋肉・肩の痛みをとります。

腫れや痛みのもととなるプロスタグランジンは、酵素シクロオキシゲナーゼが作用して産生されます。
フェルビナクはこのシクロオキシゲナーゼを阻害し、腫れや痛みを取り除きます。

腰

膝

肩

肘

Point2

直ぬりチックタイプだから、
ぬりやすく、手を汚しません。

Point3

べたつかないので、すぐ服を着ることができます。

Point4

太塗りチックタイプで使いやすくなっています。

円筒形状、ネジ式キャップだから気密性が高く、薬剤が欠けにくい(当社比)

薬剤底部の受け皿が脱落しないから最後までガタつきがなくスムーズに使える

底部全体がダイヤルだから回しやすく薬剤の出し入れがしやすい

包装及び希望小売り価格

1箱(43g×1本) 1,500円(税別)

効能・効果

関節痛、筋肉痛、肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、打撲、捻挫(ねんざ)、腱鞘炎(手・手首・足首の痛みとはれ)、肘の痛み(テニス肘など)

成分・分量(100g中)

成分 含量
フェルビナク 3.0g
l-メントール 3.0g

添加物として、イソプロパノール、プロピレングリコール、マクロゴール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸Na、1,3-ブチレングリコール、オレイルアルコール、スクワラン、pH調整剤を含有します。

用法・用量

1日2~4回、適量を患部にすり込んでください

使い方

図のように容器の底部を回し、薬剤を4~5mm出して使用してください。

用法・用量に関連する注意

  1. 用法・用量を厳守してください。
  2. 目に入らないようご注意ください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
  3. 本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。
  4. 本剤塗布後の患部を、ラップフィルム等の通気性の悪いものでおおわないでください。
  5. 患部の汗をふきとってから使用してください。
  6. 容器が直接患部に当たらないように、容器の中の薬剤を4~5mm出してから使用してください。
  7. 薬剤底部の受け皿が見え、皿の上面が露出するようになったら、本剤の使用をやめてください。また、受け皿に残った薬剤は無理に使用しないでください。

使用上の注意

してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

  1. 次の人は使用しないでください。
    1. 本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
    2. ぜんそくを起こしたことがある人
    3. 妊婦又は妊娠していると思われる人
    4. 15歳未満の小児
  2. 次の部位には使用しないでください。
    1. 目の周囲、粘膜等
    2. 湿疹、かぶれ、傷口
    3. みずむし・たむし等又は化膿している患部

相談すること

  1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    1. 医師の治療を受けている人
    2. 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書きを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ、ヒリヒリ感、かぶれ

    まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
    その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

    症状の名称 症状
    ショック
    (アナフィラキシー)
    使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれます。
  3. 1週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書きを持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管及び取扱い上の注意

  1. 直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
  2. 揮発性がありますので、使用後はキャップをきちんと閉めて、外気にふれないようにしてください。
  3. 小児の手の届かない所に保管してください。
  4. 他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
  5. 本剤を火気に近づけないでください。また、使用後は火中に投じないでください。
  6. 塗料(家具、塗装床、アクセサリー等)、化繊、絹、皮革等に付着すると変質することがありますので、ご注意ください。
  7. 使用期限が過ぎた製品は使用しないでください。また、開封後は使用期限内であっても、品質保持の点からなるべく速やかに使用してください。
肩こりコリコリ豆知識ノート
ü