• 吐き気にはいろいろな原因があります

  • 薬によるがん治療と吐き気

  • 吐き気を感じたら試 してみましょう

  • 吐いてしまったら

  • 食事を工夫しましょう

  • おわりに

薬によるがん治療と吐き気

がん治療では抗がん剤を使用しますが、副作用で吐き気やおう吐が起きてしまうことがあります。抗がん剤の種類や量によって、吐き気には強弱があります。それを抑えるために、制吐剤という吐き気やおう吐を抑える薬が使われています。
脳の中には吐き気の指令を出している場所があります。抗がん剤はその場所を刺激して、吐き気を起こすのです。制吐剤は刺激をブロックすることで、吐き気を抑える働きをします。

吐き気のしくみと制吐剤

抗がん剤による吐き気は、抗がん剤の投与から24時間以内に現れる場合(「急性」)と、投与24時間後に現れる場合(「遅発性」)に分類されます。遅れて現れる「遅発性」は、2~5日ほど続く傾向があります。最近では、長期間吐き気を抑える薬剤も登場しました。もしも、つらい吐き気がある場合は、病院スタッフに相談してみてください。

吐き気があらわれるまでの時間

▲ 吐き気には他に、不快な体験の記憶から起きてしまう心理的なものがあります。

吐き気があらわれるまでの時間