効果実験

独自技術開発された、
銀イオン、亜鉛イオン
エタノールの力で24時間「離菌バリア」

※すべての菌・ウイルスに対して効果があるわけではありません。また、使用環境や保存環境により効果は異なる可能性があります。

各種試験により実証された、
Efilの有効性と安全性をご覧いただけます。

※数値がゼロになるわけではございまぜん。

抗菌試験
除菌効果が24時間持続

  • 繊維【細菌O】
  • ステンレス板【細菌O】
試験機関:一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
方法:布をEfilに浸す、またはステンレス板にEfilを塗り、24時間乾燥した後、菌液と接触させた時の菌数を測定
(布:JIS L1902規格準拠 ステンレス板:JIS Z2801規格準拠)
24時間菌を寄せ付けない

抗ウイルス試験
ウイルス除去効果が24時間持続

  • エンベローブ有繊維【ウイルスI】
  • エンベローブ無繊維【ウイルスN】
  • エンベローブ有ステンレス板【ウイルスI】
  • エンベローブ無ステンレス板【ウイルスN】
試験機関:一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
方法:布をEfilに浸す、またはステンレス板にEfilを塗り、24時間乾燥した後、ウイルス液と接触させた時のウイルス感染価を測定(ISO18184規格準拠)
24時間ウイルスを寄せ付けない

殺菌効果試験
99.99%以上の除菌効果を認めた

微生物名:殺菌速度/細菌
試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター
方法:菌液とEfilを接触させた時の菌数を測定

※=99.99%以上の殺菌を確認  
※※=99.999%以上の殺菌を確認

30秒以内に99.99%以上の菌をすばやく除去

ウイルス除去試験
99.9%以上のウイルス除去効果

  • エンベローブ有【ウイルスI】
  • エンベローブ無【ウイルスN】
  • エンベローブ無【ウイルスR】
試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター
方法:ウイルス液とEfilを接触させた時のウイルス感染価を測定
15~60秒以内に99.9%以上のウイルスをすばやく除去

ワイプ試験
99.9%以上の除菌効果
リン酸緩衝液で湿らせた布と比較して除菌効果は2万倍以上

  • 細菌K
試験機関:一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
方法:Efilを染み込ませた布で汚染された箇所を拭き取った際に残った菌数を測定
Efilを布につけて拭き取ることでも99.9%以上の菌を除去

抗カビ試験
抗カビ効果が24時間持続

  • カビC
  • カビK
試験機関:一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
方法:菌液とEfilを接触させた時の菌数を測定(繊維製品の抗カビ性試験方法 JIS L 1921 吸収法準拠)
カビの増殖をしっかり抑え込む

消臭試験
各種悪臭ガスに対する消臭効果

  • アンモニア(し尿臭)
  • トリメチルアミン(魚の腐ったニオイ)
  • イソ吉草酸(蒸れた靴下のニオイ)
  • 酢酸(酢のニオイ)
  • ノネナール(加齢臭のニオイ)
試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター
方法:袋の中にEfil及び悪臭ガスを入れ、ガス濃度を測定
気になるニオイもしっかり消臭

安全性試験

  1. 1

    単回吸入毒性試験

    試験機関:株式会社LSIメディエンス
    方法:急性吸入毒性試験(ラット)

    毒性が認められず
  2. 2

    4週間反復経口投与毒性

    試験機関:株式会社化合物安全性研究所
    方法:4週間反復経口投与毒性試験(ラット)

    毒性が認められず
  3. 3

    眼刺激性試験(BCOP法)

    試験機関:株式会社化合物安全性研究所
    方法:眼刺激性試験(BCOP法:牛摘出角膜)

    60%程度のアルコール類を含む
    製品と同程度の刺激性