食事を工夫しましょう|よりよい治療のために 吐き気ケアブック

  • 吐き気にはいろいろな原因があります

  • 薬によるがん治療と吐き気

  • 吐き気を感じたら試 してみましょう

  • 吐いてしまったら

  • 食事を工夫しましょう

  • おわりに

食事を工夫しましょう

吐き気がするときは無理に食べなくてもよいのですが、体力が落ちてしまっては治療によくありません。食べられそうなものから、ゆっくり食べていきましょう。

食事を工夫しましょう

さましてから食べましょう

冷たいまま、あるいはさましてから食べるメニューを中心にしましょう。 温かい料理も、あら熱がとれて湯気がおさまってから食べましょう。

さましてから食べましょう

食事前にうがいをしましょう

食事前に歯みがきや氷水・レモン水・番茶などでうがいをしておくとよいでしょう。

食事前にうがいをしましょう

よくかんで、ゆっくり食べましょう

食事は食べられるものでかまわないので、少量ずつ「ゆっくり」「よくかんで」を心がけましょう。一口サイズのおにぎりやサンドイッチなどを用意しておくとよいでしょう。

よくかんで、ゆっくり食べましょう

食後は座って安静にしましょう

食後は、衣類などでおなかをしめつけないように注意して、ゆったりと過ごしましょう。

食後は座って安静にしましょう

楽しく食べましょう

場所を変えると食欲が出ることもあります。

楽しく食べましょう

おすすめしたい食品へ