ティーエスワン+オキサリプラチン+ベバシズマブ
併用療法を受けられる方へ

治療のてびき

監修:浜松医科大学臨床腫瘍学講座 教授
国立国際医療研究センター病院 腫瘍科 診療科長

山田 康秀 先生

はじめに

がんに対する治療には、おもに手術療法、放射線療法、薬物療法があります。
薬物療法のうち、抗がん剤を用いてがん細胞の増殖を抑える治療を化学療法といい、1種類の薬だけを使う方法と、複数の薬を組み合わせて使う方法(併用療法)があります。
ティーエスワン®+オキサリプラチン+ベバシズマブ併用療法は、「手術できない、または手術が難しい」大腸がんに対して「ティーエスワン」「オキサリプラチン」という2種類の抗がん剤に「ベバシズマブ」という分子標的治療薬を組み合わせてがん細胞の増殖を抑制する新しい治療法です。
このサイトは、ティーエスワン+オキサリプラチン+ベバシズマブ併用療法を受けられる方が、治療の方法やその副作用と対処法について正しく理解し、安心して治療を行っていただくために作成しました。
ティーエスワンの服用状況や、治療中の気になる症状を記入していただくための治療日記を盛り込んだサイトになっていますので、是非ご利用ください。
不明な点や不安に思うこと、さらに詳しく知りたいことなどがありましたら、遠慮なく担当の医師や看護師、薬剤師にご相談ください。

治療日記

抗がん剤の治療中は副作用など不安になることがあると思います。
そんなときは1人で抱え込まず、担当の医師と相談しながら、治療を続けていくことが大切です。
治療日記は、あなたのからだの状態をみながら、治療計画を立てることに役立ちますので、副作用や気になる症状があらわれた場合には、日記にメモしておきましょう。
そして、受診時に担当の医師や看護師、薬剤師に伝えて、情報を共有し、ときにはアドバイスなどをもらいましょう。