ハルンケア

骨盤底筋運動

多くの頻尿や尿もれは骨盤底筋の弱まりから起きています。骨盤底筋は腹筋と同じで鍛えることで強くなります。
骨盤底筋運動で尿もれを防ぎましょう!

体操の基本

多くの頻尿や尿漏れは毎日のトレーニングで改善できます。

1

肛門と膣をきゅーっと体の中に絞り込むように縮めます。

2

そのままの力で5つ数えます。力がゆるまないように気をつけます。

3

5つ数え終わったら完全に力を抜いて5つ以上休みます。

「縮めて…ゆるめて」の8回繰り返しを1セットとして、1日に数セットから10セット行います。効果が現れるまでには1ヵ月〜3ヵ月かかるので、あきらめずに毎日続けましょう。

こんな姿勢でやってみましょう

1

あおむけに
なる

2

ひじ、ひざを
ついて

3

机に手を
ついて

4

背筋をのばし
ながら

5

いすに
座って

朝起きて1セット、朝ごはんの片付けで1セット。バスの待ち時間に1セットというように、生活習慣の中にとり込みいろいろな姿勢でやってみましょう。

骨盤底筋ってなぁに?

骨盤の底で膀胱や子宮、直腸などが下がらないように骨盤を支えている筋肉です。
多くの頻尿や尿漏れでは骨盤底筋の弱まりから起きています。
骨盤底筋は腹筋と同じで鍛えることで強くなります。

横からみた女性のからだ

骨盤底筋