投与方法

投与方法

投与方法

ヨンデリスの投与は、24時間の持続点滴で行いますが、投与中にお薬が血管の外に漏れてしまうことを防ぐ目的で、腕の静脈ではなく、中心静脈というからだの中心にある太い血管に点滴します。

中心静脈へ点滴するためには、カテーテルまたはポートを留置する必要があります。

投与量

身長、体重から体表面積を計算し、ヨンデリスの投与量が決められます。

投与スケジュール

ヨンデリスの治療は、通常3週間(21日間)をひと区切り(1サイクル)として行います。第1日目にヨンデリスを24時間かけて点滴し、その後少なくとも20日間お休み(休薬)します。これを繰り返して治療を進めます。

投与スケジュール投与スケジュール

  • この投与スケジュールは、参考例です。実際の投与スケジュールは、あなたのからだの状態や副作用などによって変更することがあります。詳しくは、担当の医師におたずねください。

点滴を受けているときに注意すること

  • 点滴中にお薬がわずかでも血管の外に漏れると、皮膚障害を起こすおそれがあります。また、ひどい場合には皮膚にかいようができに至ることもあります。
  • 点滴中は、痛みなどの症状を認めにくく、気づきにくいことがあります。

ヨンデリスの投与中は、お薬が血管の外に漏れることもあるので、
激しい動きは控えてください

点滴が漏れている場合、あるいは以下のような症状が起こった場合は、すぐに担当の医師や看護師、薬剤師に知らせましょう。

  • 衣服が濡れている
  • 点滴部位が痛い、違和感がある
  • 点滴部位の周辺が赤くなる、腫れる
  • 投与終了後にも点滴部位を観察し、上記の症状が現れたり症状の増悪を認めた場合は、すぐに担当の医師に連絡しましょう。
  • お薬とからだの相性が悪いと、アレルギー反応を起こすことがあります。

以下のような症状が起こった場合は、すぐに担当の医師や看護師、薬剤師に知らせましょう。

  • 吐き気がする、気分が悪い、冷や汗が出る、さむけがする
  • 息苦しい、のどがしめつけられる感じがする、心臓がドキドキする
  • からだがかゆい、皮膚が赤くなる、ぶつぶつができる

Copyright © TAIHO PHARMACEUTICAL CO., LTD. 2015 All rights reserved.