副作用と対処法

  • 抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えることがあるため、治療中には何らかの副作用が現れる可能性があります。
  • 抗がん剤による治療を行うときは、副作用を上手にコントロールしながら治療を続けていくことがとても大切です。
  • 副作用の発現には個人差があり、すべての患者さんに同じ症状が現れるとは限りません。また、副作用の種類や程度などもさまざまです。
  • 治療中は、副作用が現れていないかを確認するために、定期的に血液検査を行います。
  • 副作用が現れた場合には、医師が対処しますが、あなた自身でできることもあります。予想される副作用については、いつ頃、どのように現れるかを事前に知っておくことが大切です。また、副作用が現れても、適切な対処を早めに行うことで、症状が重くなるのを防ぐことができます。

Copyright © TAIHO PHARMACEUTICAL CO., LTD. 2015 All rights reserved.