自分でわかる副作用

吐き気・嘔吐

お薬の影響で、むかむかしたり、場合によっては吐いてしまうことがあります。

すぐに担当の医師に連絡しましょう!

  • 吐き気・嘔吐が強いまたは長く続くため、食事や水分がとれない

日常生活の注意

  • からだをしめつける衣服はさけましょう
  • 花や香水など、においの強いものはさけましょう

吐き気・嘔吐が起きたときは

  • 安静にし、横向きに寝て、からだを内側に曲げると良いでしょう
    また、冷たい水でうがいをしたり、氷やキャンディーなどを口に含むと良いでしょう
  • 好きな音楽を聴いたり、テレビを見たり、ゆっくりと腹式呼吸をすると吐き気が楽になることがあります

食事の工夫

  • においのする料理はさけましょう(揚げ物、煮物、煮魚など)
  • 熱いものは冷ました方がにおいが気になりません
  • 食事はゆっくり時間をかけ、少量ずつ食べられるものをとりましょう
  • 食べやすい食品をとりましょう(ゼリー、果物、冷ましたスープなど)

食欲不振

お薬の影響を受けて、食欲が一時的に低下することがあります。食事や水分がとれなくなると脱水症状になりやすいので、注意が必要です。

すぐに担当の医師に連絡しましょう!

  • 食欲不振が長く続き、食事や水分がとれない

日常生活の注意

  • 食べられるもの、好きなものを少しずつでも食べましょう
  • 水分をとるようにしましょう

食事の工夫

  • 食べやすく、栄養のとりやすいものをとりましょう(スープ、茶わんむし、バニラアイスクリームなど)
  • ミネラルバランスのとれたスポーツドリンクなどでミネラルの不足を補給しましょう
  • 食べやすく、たんぱく質が豊富なものをとりましょう(豆腐、卵豆腐、ヨーグルトなど)

倦怠感(だるさ)

お薬の影響を受けて、だるさや疲れやすさを感じることがあります。

日常生活の注意

  • 1日のなかでやりたい活動を決め、無理をしないで自分でできるペースで行いましょう
  • 活動は1日のうち一番からだが楽な時間帯や、活力があると感じられる時間帯に行いましょう
  • 睡眠をしっかりとりましょう
  • できるだけ水分や十分な栄養をとるように心がけましょう(「食欲不振」参照)
  • 担当の医師と相談して、適度な運動をしましょう
  • 家事などで疲れた場合は、無理をせず、横になって休みましょう
  • 自分がリラックスできる方法を見つけて、気分転換しましょう

便 秘

お薬の影響を受けて、お通じが不調になることがあります。

日常生活の注意

  • 規則正しい生活を送りましょう
  • 定期的に適度な運動を行いましょう
  • 便意がなくても毎日決まった時間にトイレに行きましょう

食事の工夫

  • 食物繊維を多く含むものを積極的にとりましょう(緑黄色野菜、ごぼう、さつまいも)
  • 水や牛乳など水分を多めにとりましょう

Copyright © TAIHO PHARMACEUTICAL CO., LTD. 2015 All rights reserved.