• Home
  • 悪性軟部腫瘍について

悪性軟部腫瘍(あくせいなんぶしゅよう)とは

なんしきとは、肺や肝臓などの臓器や、骨、皮膚を除いた部分のことをいい、筋肉、けつごうしきけん)、脂肪、血管、リンパ管、関節、神経などが該当します。これらの組織に発生したがんを悪性軟部腫瘍と呼びます。
悪性軟部腫瘍は、手足、 たいかん(胴体)、とうけいなどからだの色々な部位に発生します。痛みのない大きな腫れやしこりができることが多いのですが、痛みを伴う場合もあります。
この腫瘍は稀な病気ですが、30種類以上の種類(組織型)に分類され、主な組織型としてぼうにくしゅへいかつきんにくしゅぶんけいせいにくしゅなどがあります。また、幼児から高齢者まで幅広い年齢層で発症しますが、特に50歳代以上の人に多い傾向があります。

悪性軟部腫瘍の治療法

悪性軟部腫瘍の治療には、手術、薬物療法および放射線療法などがあります。悪性軟部腫瘍の組織型、進行度、からだの状態によって、これらを組み合わせたり、あるいは単独で治療を行います。悪性軟部腫瘍の治療法悪性軟部腫瘍の治療法

Copyright © TAIHO PHARMACEUTICAL CO., LTD. 2015 All rights reserved.