ティーエスワンによる胃・術後補助化学療法を受けられる方へ

監修:がん研有明病院 院長

佐野 武 先生

はじめに

このサイトは、ティーエスワンによる術後補助化学療法を受けられる方が、服用方法や起こりうる副作用とその対処法などについて正しく理解し、安心して治療にのぞんでいただくために作成したものです。
不明な点や不安に思うこと、さらに詳しく知りたいことなどがありましたら、遠慮なく担当の医師や看護師、薬剤師にご相談ください。

胃がんは日本人に多いがんですが、他のがんに比べて比較的なおりやすいがんといわれています。
胃がん治療の中心は手術療法で、がんを手術で完全に取り除くことが基本です。しかし、手術でがんを切除しても、目に見えない小さながんが残っていて、やがて再発してくる可能性がある場合には、その再発を減らすために「術後補助化学療法」を行うことがあります。
現在、日本では術後補助化学療法として、胃がんの手術後1年間ティーエスワンを服用することがすすめられています。