ティーエスワン/イリノテカン療法

治療のてびき

監修:三沢市立三沢病院
事業管理者

坂田 優

はじめに

がんに対する治療法には、手術療法、放射線療法、薬物療法などがあります。薬物療法のなかでも、抗がん剤を用いてがん細胞の増殖を抑えることを化学療法といい、1種類の薬剤で治療する方法(単独療法)と、いくつかの薬剤を組み合わせて治療する方法(併用療法)があります。
今回あなたが受けられるティーエスワン/イリノテカン療法は、「ティーエスワン」と「イリノテカン」という2種類の薬剤を併用する治療法です。
このサイトは、ティーエスワン/イリノテカン療法を受けられる方が、治療の方法やおもな副作用とその対処法などについて正しく理解し、安心して治療を受けていただくために作成しました。
サイトには治療日記をつけていますので、気になる症状などがありましたらご記入をお願いします。ご記入いただいた情報は治療を続けていく上で大変重要な情報になります。
なお、不明な点や不安に思うこと、さらに詳しく知りたいことなどがありましたら、遠慮なく担当の医師や看護師、薬剤師にご相談ください。

  • ティーエスワン(TS-1):テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤
  • イリノテカン(CPT-11):イリノテカン塩酸塩水和物

治療日記

副作用や気になる症状があらわれたら、治療日記に記入しておきましょう。安心して治療を続けるための大切な情報となります。診察日には持参し、担当の医師や看護師、薬剤師に見せましょう。