ティーエスワン/カルボプラチン療法

治療のてびき

骨髄抑制(血液系の副作用)

抗がん剤の副作用により、血液をつくっている骨髄の働きが抑えられると、白血球(そのうちの約半数は好中球)、赤血球、血小板などが減少してきます。
骨髄抑制は自分ではわかりにくいため、日頃から骨髄抑制がもとでおこる症状や、定期的な血液検査でチェックする必要があります。

  • 骨髄抑制(血液系の副作用)の説明図

骨髄抑制による副作用

  • 骨髄抑制による副作用の説明図

血小板減少「出血傾向」

血小板は出血を止める働きがあります。血小板の数が減少すると出血しやすくなり、出血が止まりにくくなります。

このような症状があらわれたらティーエスワンの服用をいったんやめて、すぐに担当医に連絡しましょう!

  • 内出血(あざ)ができる
  • 鼻血がでる
  • 歯ぐきから出血する

日常生活で気をつけること!

  • けがや転倒、打撲に注意しましょう。
  • 歯磨きは、柔らかいブラシを使い、鼻はやさしくかみましょう。
  • 激しい動作、スポーツはさけましょう。
  • 排便時にりきまないようにしましょう。
  • からだを締めつけない、ゆったりした衣類を着用しましょう。

もし出血したら

  • 安静にし、出血部位をタオルなどで圧迫、または冷やす。

ヘモグロビン減少「貧血」

ヘモグロビンは赤血球に含まれるタンパク質で、酸素と結合しやすく、全身に酸素を運ぶ役割を担っています。ヘモグロビン(赤血球)が少なくなると、貧血症状を感じるようになります。

このような症状があらわれたらティーエスワンの服用をいったんやめて、すぐに担当医に連絡しましょう!

  • 手足が冷たい
  • 顔色が青白い
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • 疲労・倦怠感

日常生活で気をつけること!

  • 無理をしないで、十分な休息と睡眠をとりましょう。
  • タンパク質を多く含む食事をバランスよくとりましょう。

貧血になったときは

  • ゆっくり動き始める(起きあがるとき、立ち上がるとき)。
  • めまいを感じたらしゃがむ、ゆっくり歩く。

白血球減少(好中球減少)「感染症」

好中球は白血球の中の約半数を占め、細菌感染などからからだを守る重要な役割をしています。好中球(白血球)が少なくなると、からだの抵抗力が弱まり、かぜや肺炎などの感染症にかかりやすく、重症化することがあります。

このような症状があらわれたらティーエスワンの服用をいったんやめて、すぐに担当医に連絡しましょう!

  • 38℃以上の発熱
  • さむけ
  • せき
  • のどの痛み
  • 頭痛
  • 排尿時の痛み
  • 排尿後も尿が残る感じ

日常生活で気をつけること!

  • 感染予防のために、外出はひかえましょう。
  • 外出の際はマスクを着用し、できるだけ人ごみをさけるようにしましょう。
  • 手洗いをしっかりおこないましょう(食事前、トイレの前後、外出から帰ったとき)。
  • うがいをこまめにしましょう(食事前、外出から帰ったとき)。
  • 入浴やシャワーでからだを清潔に保ちましょう。