調達

大鵬薬品は大塚グループとして、バリューチェーン全体で法令遵守や安全・安心、社会に配慮した事業活動に取り組んでいます。ビジネスパートナーとの取引開始に際しては、原材料の品質の確保と安定調達を確立するための調査・確認を行い、事前に取引基本契約を締結しています。新規サプライヤーの場合は、事前にデューデリジェンスを行ったうえで、取引を決定しています。また、公平・公正で透明性を持った調達と良好な関係構築による相互の持続的発展を目指し、人権・労働・環境・腐敗防止等を考慮したグループ横断の「調達方針」を策定、ビジネスパートナーとも共有しています。さらに、調達方針の内容をより具現化した「調達ガイドライン」も策定・運用を行っており、今後ビジネスパートナーを対象にした勉強会の開催も予定しています。
また、製品の安定供給のため、主要原材料については事前にリスクアセスメントを行い、想定されるリスクを明確化し対策を講じているほか、複数社購買を原則としています。
そのほか、環境に配慮した検討も実施しております。コンシューマーヘルスケア部門と連携し、環境に配慮した包装材料に関する提案を行っています。

大塚グループ 調達方針

大塚グループは、“Otsuka-people creating new products for better health worldwide”の企業理念と国際規範に基づき、革新的で安全・安心かつ適正品質な製品をお届けすることで、持続可能な社会の構築と世界の人々の健康への貢献を目指し、責任ある調達活動を行います。

1.サプライヤーとの関係
コミュニケーションを大切にし、相互の持続的発展を目指した良好な信頼関係を築きます。
2.選定の基準
品質・コスト・数量・納期などを総合的に評価し、公平・公正で透明性を持ったサプライヤーを選定します。
3.社会への配慮
持続可能な社会の実現に向け、人権・労働・環境・社会的貢献に配慮します。
4.コンプライアンス
関連するすべての法令・ルールを遵守し、高い倫理観をもって社会通念に基づき行動します。