大鵬薬品の「人財」育成

患者さんのために、自ら考え行動できる『人間力』を養う

「薬づくりは人を育てるところから」というのが、大鵬薬品の「人財」育成の基本方針です。大鵬薬品の社員には、医薬品に対する専門的知識や高度なスキルの習得が求められると同時に常に情報を収集し、分析する力が必要です。また、医薬品に関わる仕事は、人間の生命に向き合う仕事です。高度な知識やスキルを持っていたとしても、人を思いやる気持ちがその根底になくてはなりません。大鵬薬品では、人間性を重視し、多角的な視野や創造力を持ち、新しいことにチャレンジし続ける「人財」を育成するため、様々な教育カリキュラムを構築しています。新入社員教育、MR認定試験対策研修に始まり、勤続年数や職種ごとに継続的な研修を実施しています。

  • 1~10年目までの研修制度の図

MR研修

新入社員教育をはじめ各種の研修は、埼玉県飯能市の大塚グループ研修センターで行われます。特にMRに対しては、公益財団法人MR認定センターが実施するMR認定試験の合格が必須条件のため徹底した研修を行います。大鵬薬品では、通常、受験資格を得るために必要な450時間を超える導入教育により、業界平均を上まわるMR認定試験の合格率を誇っています。また経口抗がん剤のパイオニアとして、独自の社内MR認定制度の運用やがんに関する専門的な知識やコミュニケーションスキルなどの向上を目指した研修を継続的に行い、医療現場で多くの信頼を獲得できるMRの育成を進めています。

大鵬薬品独自の社内MR認定制度
S-CMR:スーバーコンサルタントMR CMR・AMRを指導できる
CMR:コンサルタントMR がん薬物治療のコンサルティングができる
AMR:アソシエイトMR がん薬物治療の基本的な対話ができる

導入教育

MRに必要な資質を養成・習得する教育

  1. 基礎教育・・・医薬品情報/疾病と治療/医薬概論
  2. 実務教育・・・技能・実地/製品教育/その他

継続教育

MRに必要な資質を維持・向上させる目的で行う継続的な教育

  1. 基礎教育・・・MRの倫理/医薬品情報/疾病と治療/医薬概論
  2. 実務教育・・・技能・実地(OJT等)/製品教育

Taiho MR Growth Support Program

MRに必要なスキル(技能)を養成・習得する研修

中途入社社員研修

短期間に製品教育等を実施

コンシューマーヘルスケア研修

導入教育

  • 大鵬薬品のOTC医薬品・医薬部外品などの製品教育
  • 基礎:疾病と病態・くすりの有効性と安全性
  • 薬機法、関連法規(独禁法・景表法)、GVP&GQP、添付文書の見方など
  • PC研修
  • グループワークとプレゼンテーション(自社品・競合品・ビタミン・生活習慣病など)

継続教育

  1. 支店勉強会・・・製品教育/マーケティング関連/GVP・GQP
  2. 階層別教育研修
  3. 同行研修(OJT)

中途入社社員研修

短期間に製品教育等を実施

モニター研修

導入教育

医薬品開発に必要な知識・技能を習得するための研修

  1. 基礎研修
    1. 医薬品開発概論
    2. 倫理、法規・規制要件
    3. 業務手順書、関連社内規程
    4. 開発品目に関する基礎知識
    5. モニタリングに必要な技能
  2. 実務研修
    1. モニター同行(OJT)
    2. 医療機関における実地研修

継続教育

医薬品開発に必要な資質を維持・向上させるための研修

  1. 継続研修
    1. 関連法規・規制要件
    2. 医薬品開発に関する専門知識
    3. 技能(語学、話法等)
  2. 実務研修
    1. OJT(モニタリング、SDV)

中途入社社員研修

既得知識等を判定し、必要な研修項目にてモニター教育を実施

企業内大学開校(GLOBAL ONE ACADEMY)

大鵬グループの企業理念・行動規範に共鳴し、リスクを恐れず果敢にチャレンジする、これからの大鵬グループのリーダーを育成するための企業内大学を昨年7月に開校しました。

この大学は、強い意欲を持って学ぼうとする志の高い社員を積極的に受け入れ、「満ち足りた笑顔あふれる社会づくりへの貢献」を実現させる為、大鵬グループのDNAを引き継ぎながら将来に渡り発展させていくグローバルリーダーを育成していきます。