ニュースリリース

2005年03月14日
大鵬薬品工業株式会社

フェルビナク配合外用鎮痛消炎剤「ゼノールエクサムSX」他
4月11日 4品目 新発売

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、代表取締役社長 宇佐美 通)は、チック型のフェルビナク含有外用鎮痛消炎剤「ゼノールエクサムSX」、サリチル酸メチル配合「ゼノールチックE」及びサリチル酸グリコール配合冷感パップ剤「ゼノールしっぷびたっと」、サリチル酸メチル配合温感パップ剤「ゼノールしっぷ<温感>」を4月11日より新発売します。
フェルビナク製剤はOTC市場では、市場拡大中の製剤であり特にチック型のアイテムは市場でも少ないため、大鵬薬品としては当初使いやすいチック製剤から市場展開していきます。
ゼノールブランドは三笠製薬(代表取締役社長 緒方 巧)より昨年12月に販売権を取得しています。大鵬薬品としてはゼノールのブランド力を高め、将来的には売り上げ20億円を予定しています。

ゼノール商品コンセプト

「ゼノールエクサムSX」

メインコピー 関節・筋肉・肩の痛みをとる
サブコピー フェルビナク 3%配合 太ぬり、直ぬりタイプ ぬりやすく、べたつかない 密封性を高めた特殊容器

「ゼノールチックE」

メインコピー 肩こり・筋肉の疲労に
サブコピー 直ぬりタイプ ぬりやすく、べたつかない

「ゼノールしっぷぴたっと」(冷感タイプ)

メインコピー 関節痛・筋肉痛・捻挫にピタッと、スキッと
サブコピー チャック付き中袋 一目でわかる使い方イラスト付き

「ゼノールしっぷ温感」

メインコピー 腰痛・肩こりにホットな体感
サブコピー チャック付き中袋 一目でわかる使い方イラスト付き

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。