ニュースリリース

2006年07月13日
明治乳業株式会社
大鵬薬品工業株式会社

スギ花粉症治療剤ライセンス 契約の締結について

明治乳業株式会社(本社:東京都江東区 社長:浅野 茂太郎)と大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区 社長:宇佐美 通)は、明治乳業において創製されたスギ花粉症治療剤に関するライセンス契約を締結することで合意いたしました
スギ花粉症は大量のスギ花粉の暴露により引き起こされる生体の過剰な免疫反応(アレルギー)であり、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・流涙などを主な症状とする疾患です。
本剤は、スギ花粉症患者において、免疫細胞(T細胞)に作用して、不活性化し、スギ花粉によるアレルギー反応を抑制する薬剤であり、明治乳業において遺伝子組換え技術を応用して創製され、スギ花粉症の根治薬になり得ると期待される化合物です。現在、臨床段階にあります。
大鵬薬品では、アレルギー領域を重点研究開発領域としており、本剤を重要な開発品目の一つとして位置づけています。
今般、両社は、明治乳業が保有するスギ花粉症治療剤の日本およびそれ以外の地域における実施権に関し、大鵬薬品に独占的に許諾することで合意し、ライセンス契約を締結することとなりました。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。