ニュースリリース

2008年09月30日
大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品は、今年もピンクリボン運動に協力、応援いたします

大鵬薬品工業株式会社(社長:宇佐美 通)は、本年も乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを啓発する「ピンクリボン運動」に協力、応援いたします。

日本では毎年、約3万5千人の女性が乳がんで治療を受けています。 乳がんは早期発見・早期診断・早期治療で治る可能性の高いがんです。 乳がんを少しでも早く発見するために、そして乳がんの治療に納得して前向きに取り組んでいただくために、大鵬薬品では患者さん向けサイト「All About 乳がんinfo」での情報提供、ピンクリボンフェスティバルの協賛等に取り組んでいます。 さらに、乳がん患者会「あけぼの会」の協力を得、乳がんの早期発見を促すweb サイト新規コンテンツ※<乳がん?と思ったら>を公開、またDVD も制作しています。 当社は「ピンクリボン運動」に賛同し、今後も乳がんに関するさまざまな情報を提供していきます。

※乳がん?と思ったら

総監修 坂元吾偉先生(坂元記念クリニック・乳腺病理アカデミー 院長)
監修 岩田広治先生(愛知県がんセンター中央病院 乳腺科 部長)
制作協力 Breast Cancer Network Japan あけぼの会

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。