ニュースリリース

2008年09月30日
大正富山医薬品株式会社
大鵬薬品工業株式会社
富山化学工業株式会社

β-ラクタマーゼ阻害剤配合注射用抗生物質「ゾシン」10月1日国内新発売のお知らせ

大正富山医薬品株式会社(本社:東京、社長:大平 明、以下「大正富山医薬品」)は、β-ラクタマーゼ阻害剤配合抗生物質製剤「ゾシン静注用2.25、4.5」(一般名:注射用タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム)を10月1日、国内にて新発売しますのでお知らせします。

本剤は、大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、社長:宇佐美 通、以下「大鵬薬品」)と富山化学工業株式会社(本社:東京、社長:菅田 益司)の両社で開発し、大鵬薬品が製造販売承認を取得した薬剤です。β-ラクタマーゼ阻害剤タゾバクタムとペニシリン系抗生物質ピペラシリンを、1:8の力価比で配合した製品で、肺炎をはじめ敗血症、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎に対して優れた臨床効果が期待できる薬剤です。同剤は海外では米国ワイス社により、米国をはじめ世界94ヶ国で発売され、世界的な標準的治療薬として高く評価されている注射用抗生物質製剤です。国内では、大鵬薬品が製造販売元となり、大正富山医薬品が発売いたします。

「ゾシン静注用2.25、4.5」の概要は以下のとおりです。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。