ニュースリリース

2008年10月01日
大鵬薬品工業株式会社

ユーゼル錠25mg(ホリナートカルシウム錠)を国内製造・小型化

大鵬薬品工業株式会社(代表取締役社長:宇佐美 通)は従来輸入販売していた還元型葉酸製剤ユーゼル錠25mg(ホリナートカルシウム錠)の自社国内製造を開始します。また錠剤の重量を従来の約半分に小型化することが可能になり、患者さんがより服薬しやすくなることが期待されます。
ユーゼル錠25mgは、抗がん剤テガフール・ウラシル配合剤(※1)と併用することにより結腸・直腸癌に対するテガフール・ウラシルの抗腫瘍効果を増強する働きがあります。本療法は「大腸癌治療ガイドライン」(※2)に、大腸癌に対する標準化学療法の中でも経口投与可能な治療法として掲載されております。また、EU諸国でもホリナート・テガフール・ウラシル療法(ユーエフティ/ユーゼル療法)として大腸癌に対する効能を得ております。

「ユーゼル錠25mg」

従来品 小型化品
直径 9.6mm 8.0mm
厚さ 4.5mm 3.5mm
重量 333mg 180mg
従来品との重量比54%

(※1) テガフール・ウラシル配合剤 ユーエフティカプセル100mg、ユーエフティE顆粒20%

(※2) 大腸癌治療ガイドライン (金原出版ホームページより一部改変し、転載) 大腸癌の診療に従事する医師を対象としており ・大腸癌の標準的な治療方針をしめすこと ・大腸癌治療の施設間格差をなくすこと ・過剰診療・治療,過少診療・治療をなくすこと ・一般に公開し,医療者と患者の相互理解を深めること を目的として、2005年6月大腸癌研究会の検討委員会から出版されました。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。