ニュースリリース

2008年12月16日
大鵬薬品工業株式会社

「環境・社会報告書2008」発行のお知らせ

大鵬薬品工業(代表取締役社長:宇佐美通)は、2007年度の当社の環境・社会に対する取り組みをまとめた「環境・社会報告書2008」を発行しましたのでお知らせします。

「環境・社会報告書2008」の主なコンテンツ

特集:新薬の研究開発 独創的な医薬品を一日でも早く患者さんのもとへ届けるために。研究開発の最前線についてご紹介しています。
社会性報告 お客様の立場にたった医療を目指して、また、社会のニーズに応える企業市民を目指して。私共の社会との関わりに関する取り組みをご紹介しています。特に、ステークホルダーに向けた医療情報の発信が強化されています。
環境性報告
2008年7月に新たに環境推進室を設置しました。環境問題への取り組みを企業の使命として生産、物流、販売、廃棄までの全ての事業活動を対象に、環境保護と環境負荷の低減に取り組んでいます。全社的な環境負荷を正確に収集・報告する仕組みが進化しています。
●「チオビタの一生」環境に配慮した商品企画から廃棄(リサイクル)まで

今後ますます内容を充実させて参りますので、是非ご覧いただきアンケート(http://www.taiho.co.jp/csr/report.html)にて、ご意見・ご感想をいただければ幸いです。

*ホームページへの掲載 当社のホームページ「環境への取り組み」にて、これまでの環境・社会報告書をPDF形式で閲覧およびダウンロードできます。

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。