ニュースリリース

2012年11月30日
大鵬薬品工業株式会社

5-HT3受容体拮抗型制吐剤「アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg」発売のお知らせ

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、社長:小林 将之)は、5-HT3受容体拮抗型制吐剤「アロキシ®静注0.75mg」(一般名:パロノセトロン塩酸塩)の剤形追加として「アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg」が、本日11月30日に薬価収載されましたことをお知らせします。発売開始は、12月5日(水)を予定しています。

「アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg」は、50mLの薬液を100mLのソフトバッグに封入した製剤であり、薬剤調製の時間の短縮、異物混入・細菌汚染のリスクの低減、医療廃棄物の削減などのメリットを有した薬剤です。また、ポートを赤橙色にし、バッグに薬剤名を記載することで識別性を高め、薬剤の取り違え防止にも配慮しました。

大鵬薬品は、今後も、がんの支持療法分野でも更なる貢献を目指した取り組みを続けてまいります。

アロキシについて

アロキシは、癌化学療法(シスプラチン等)実施前の1回投与で、急性の悪心、嘔吐のみならず、従来の5-HT3受容体拮抗型制吐剤では効果が不十分であった遅発性の悪心、嘔吐にも有効性が確認されています。また、血中消失半減期が約40時間と非常に長く、5-HT3受容体に対して高い結合親和性と選択性を有しています。アロキシは、ヘルシン・ヘルスケアS.A.とのライセンス契約に基づき、国内では弊社が臨床開発を行い、2010年1月20日にアロキシ静注0.75mg(バイアル製剤5mL)、2012年8月16日にアロキシ点滴静注バッグ0.75mg(バッグ製剤50mL)の製造販売承認を取得しました。世界では69カ国で承認され、2011年の全世界での売上高は680百万米ドルに達しています。

ヘルシングループについて

ヘルシングループは、ヘルシン・ヘルスケアS.A.を一員とし、スイスのルガノに本社を、アイルランド、米国にも子会社を持つプライベートカンパニーです。同社のビジネスモデルは、製薬業界のニッチ領域の開発段階に有る医薬品、医療機器及び栄養補助食品の導入です。がんサポーティブケア領域においては、重要な役割を担っています。ヘルシングループは開発の初期から後期段階にある新規化合物を導入し、前臨床・臨床試験の実施、CMC(化学・製造および品質管理)開発業務を完了させ、グローバルな承認申請、承認取得を行います。ヘルシンの製品は市場に関する深い専門知識を有し、ヘルシンがネットワークを持つ選ばれた現地提携企業へ導出され、ヘルシンは提携先への市場、規制、財務、法律、メディカル・マーケティングなどを含む、製品・科学的マネジメントサービスの支援を行います。医薬品原薬と最終製品は、スイスとアイルランドに在る医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準(GMP)を満たすヘルシンの施設にて最高の品質、安全性、また環境基準に沿って製造され、世界の顧客に供給されています。
ヘルシングループの詳細については、http://www.helsinn.comをご参照下さい。

製 品 概 要

製品名 アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg
一般名 パロノセトロン塩酸塩
効能・効果 抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)(遅発期を含む)
用法・用量 通常、成人にはパロノセトロンとして0.75mgを1日1回静注又は点滴静注する。
製造販売承認日 2012年8月16日
薬価収載日 2012年11月30日
発売予定日 2012年12月5日
包  装 アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg:50mL×5袋        
薬  価 アロキシ®点滴静注バッグ0.75mg:14,632円
製造販売元 大鵬薬品工業株式会社

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。