ニュースリリース

2014年12月09日
大鵬薬品工業株式会社

当社岡山工場における火災発生に関するお知らせ(第二報)

本日午前1時35分頃、当社のチオビタ・ドリンク製造工場である岡山工場において発生した火災につきまして、地域の皆さまをはじめ、お取引先等多くの皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

第一報以降に判明した状況を含め、下記にお知らせいたします。





1. 発生日時
2014年12月9日(火) 午前1時35分頃 出火
同日 午前2時57分 鎮火確認 

2. 発生場所
大鵬薬品工業株式会社 岡山工場 
備前市久々井字沖1775-1

3. 発生の原因
ドリンクの原料や段ボールなどを保管する倉庫(鉄骨一部2階建)の1階にある瓶の選別室の機器(デパレタイザ機)のベルトコンベヤーに設置しているモーター部分の配線及び周辺設備の焼け焦げが激しいことから、配線の断線やモーターの過熱等、設備起因の火災と推測されます。

4. 被害の状況
人的被害:この火災による人的被害はありません。
物的被害:瓶の選別室(235.8㎡)のベルトコンベヤーや天井など約100㎡が焼失しました。
現在、当工場の稼働は全面的に停止しております。

5. 復旧の見込み
復旧の見込みについては、関係者を交えて操業再開時期を含め精査いたします。

6. 製品供給への影響について
在庫保管倉庫への被害はなく、数カ月分の製品在庫があることから、当面製品供給への影響はありません。

以上お知らせいたします。今後再びこのようなことがないよう、全社を挙げて再発防止に取り組んでまいります。


以上

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。