ニュースリリース

2017年11月10日
大鵬薬品工業株式会社

徳島県の北島工場敷地内に大塚グループの厚生・事務棟を竣工

“心身ともに美しく” をコンセプトにした社員食堂も新設

大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、大塚グループの資産有効活用および社員の福利厚生充実を目指して、徳島県板野郡北島町に所有する北島工場敷地内に11月9日、厚生・事務棟を竣工したことをお知らせいたします。

厚生・事務棟には、大塚グループ内で厚生・事務関連を担う 「大塚ビジネスサポートセンター」※1、「はーとふる川内株式会社」※2などが入居します。また、3階部分には “心身ともに美しく” をコンセプトに屋外テラスを完備した社員食堂を新設します。製薬会社として社員の健康に配慮し、カロリーと栄養バランスを考えた彩り鮮やかなヘルシーランチやサラダバーなどの食事を提供し、社員にとってより働きやすい職場環境を整えています。

大鵬薬品は、今後も社員の福利厚生向上に努めながら、人びとの健康を高め満ち足りた笑顔あふれる社会づくりに貢献してまいります。

※1大塚ホールディングス株式会社に属する大塚グループのシェアードサービスセンター

※2身体や精神などに何らかのハンディキャップを持つために就労が難しい人々を雇用し、やる気とやりがいのある働く場を提供することを目的に、大塚製薬株式会社の特例子会社として、2011年10月に設立されました。

厚生・事務棟の概要

所在地 徳島県板野郡北島町高房字居内1-1
延床面積 6,210.77㎡
延床面積 3階建て

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。