ニュースリリース

2019年08月29日
大鵬薬品工業株式会社

新規ベンチャーファンドへの出資に関するお知らせ

大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、Remiges Ventures(拠点:東京、米国ボストン・シアトル、代表:稲葉太郎)が設立したRemiges BioPharma Fund Ⅱ, LPに対し、最大累計で30百万米ドルを出資する契約を締結したことをお知らせします。なお、大鵬薬品は2014年に設立されたRemiges BioPharma Fund Ⅰ, LPに対しても、今回と同額の出資を実施しています。

大鵬薬品は、これまで米欧の大学、研究所、成長初期段階のベンチャーとのオープンイノベーションのプラットフォームの一つとして、Remiges BioPharma Fund Ⅰを活用してきました。今後、米欧・イスラエル・日本などのアーリーシードを有するベンチャー企業とのネットワークを構築・強化し、革新的なテクノロジーに積極的にアクセスすることで、さらなる新薬開発力の強化を図ります。また、Remiges Venturesへ社員を派遣し、グローバル視点で目利き力を有する人材の育成も引き続きおこないます。

大鵬薬品は、これまで長年培ってきた自社創薬基盤に加え、外部の有望かつ新たなテクノロジーに投資することで、世界に貢献できる革新的なポートフォリオを拡充させていきたいと考えています。

Remiges BioPharma Fund Ⅱの概要

ファンド名

Remiges BioPharma Fund Ⅱ, LP

(レミジェス・バイオファーマ・ファンドⅡ)

設立時期

2019年6月

活動拠点

日本 東京、米国 ボストン・シアトル

ファンドの規模

最大150百万ドル

ファンドの期間

10年間

投資分野

シード・アーリーステージの医薬品および医療機器

投資地域

北米・欧州・イスラエル・日本など

URL

www.remigesventures.com

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。