ニュースリリース

2021年02月22日
大鵬薬品工業株式会社

TAS-116(経口HSP90阻害剤)
GIST(消化管間質腫瘍)を対象とした第Ⅲ相臨床試験で無増悪生存期間を有意に延長

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、既治療のGIST(消化管間質腫瘍)患者においてTAS-116(経口HSP(Heat Shock Protein)90阻害剤、一般名:ピミテスピブ、以下「本剤」)とプラセボを比較した第Ⅲ相臨床試験(CHAPTER-GIST-301試験)で、主要評価項目である無増悪生存期間(Progression-Free Survival:PFS)を有意に延長する結果が得られたことをお知らせします。

本試験の結果は今後、学術集会や学術雑誌での公表を予定しています。

大鵬薬品は、GISTでの早期の申請を目指し、GIST患者さんに新たな治療薬をお届けできるよう、準備を進めてまいります。

CHAPTER-GIST-301試験について

本試験は、標準治療薬に不応または不耐と判断されたGIST患者においてTAS-116とプラセボを比較した無作為割付・二重盲検の第Ⅲ相臨床試験です。本試験の主要評価項目はPFS、副次評価項目は全生存期間(Overall Survival:OS )、安全性、QOL(Quality of Life)などです。本試験は、GISTに対してイマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブの治療歴がある20歳以上の81名を対象に、日本で実施しました。

本試験の詳細は、JAPIC Clinical Trials Informationをご覧ください(JapicCTI-184094)。

https://www.clinicaltrials.jp/cti-user/trial/Search.jsp

CHAPTER-GIST-301試験:A RANDOMIZED, DOUBLE-BLIND, PLACEBO-CONTROLLED, MULTICENTER TRIAL OF TAS-116 IN PATIENTS WITH ADVANCED GASTROINTESTINAL STROMAL TUMOR,CHAPTER; The molecular CHAperone heat shock protein 90 (HSP90) inhibitor, PimiTEspib

GIST(Gastrointestinal Stromal Tumor:消化管間質腫瘍)について

GISTは、消化管(胃や小腸での発生が多く大腸や食道はまれである)の壁にでき、転移、再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します*1。日本における年間罹患数は、約1500~2500人と推定され(各国で報告されている年間発現率から算出*2)、希少がんのひとつです。多くのGISTでは、がんの増殖や生存などに関与するKITPDGFRA遺伝子に変異を有しています。厚生労働省、米国食品医薬品局(FDA)および欧州医薬品庁(EMA)の3つの規制当局により承認されているGISTの治療薬はすべてKITやPDGFRAなどのチロシンキナーゼを阻害することを主な作用機序としており、これらの承認薬での治療が終了したGISTに対する治療薬の開発は、未だ高い医療ニーズがあります。

TAS-116について

本剤は、大鵬薬品が創製した化合物で、HSP90を阻害することによりがんの増殖や生存などに関与するKIT、PDGFRA、HER2やEGFRなどのタンパクを不安定化し、減少させることで抗腫瘍効果を示します。

HSP(Heat Shock Protein)90について

細胞は生体内でさまざまなストレスにさらされており、特にがん細胞は、低酸素、低栄養、免疫系による排除、遺伝的不安定性といった多くのストレスにさらされています。HSP90はストレスに反応して発現が上昇し、タンパク質の機能的構造の形成促進・維持を通じて細胞をストレスから守ります。

HSP90はがん細胞および腫瘍組織に多く発現しており、活性の高い状態で存在することから、特にがんの生存・維持に重要であることが知られています。さらに、GIST、膀胱がん、急性骨髄性白血病、乳がん、非小細胞肺がん、大腸がんおよび黒色腫におけるHSP90の発現は、がんの進行や患者さんの予後と相関しているといわれています。*3

*1:国立がん研究センターがん情報サービス参照

*2:出典

1.Goettsch WG, Bos SD, Breekveldt-Postma N, Casparie M, Herings RM, Hogendoorn PC. Incidence of gastrointestinal stromal tumours is underestimated: Results of a nation-wide study. Eur J Cancer. 2005;41:2868-2872.

2.Tryggvason G, Gíslason HG, Magnússon MK, Jónasson JG. Gastrointestinal stromal tumors in Iceland, 1990-2003: the icelandic GIST study, a population-based incidence and pathologic risk stratification study. Int J Cancer. 2005;117:289-293.

3.Nilsson B, Bümming P, Meis-Kindblom JM, Odén A, Dortok A, Gustavsson B, et al. Gastrointestinal stromal tumors: the incidence, prevalence, clinical course, and prognostication in the preimatinib mesylate era--a population-based study in western Sweden. Cancer. 2005;103:821-829.

4.Chan KH, Chan CW, Chow WH, Kwan WK, Kong CK, Mak KF, et al. Gastrointestinal stromal tumors in a cohort of Chinese patients in Hong Kong. World J Gastroenterol. 2006;12:2223-2228.

*3:出典

1.Li CF, Huang WW, Wu JM, Yu SC, Hu TH, Uen YH, et al. Heat shock protein 90 overexpressionindependently predicts inferior disease-free survival with differential expression of the alpha and beta isoforms in gastrointestinal stromal tumors. Clin Cancer Res. 2008;14:7822-7831.

2.Lebret T, Watson RW, Molinié V, O'Neill A, Gabriel C, Fitzpatrick JM, et al. Heat shock proteinsHSP27, HSP60, HSP70, and HSP90: expression in bladder carcinoma. Cancer. 2003;98:970-977

3.Thomas X, Campos L, Mounier C, Cornillon J, Flandrin P, Le QH, et al. Expression of heat-shock proteins is associated with major adverse prognostic factors in acute myeloid leukemia. Leuk Res.2005;29:1049-1058.

4.Pick E, Kluger Y, Giltnane JM, Moeder C, Camp RL, Rimm DL, et al. High HSP90 expression isassociated with decreased survival in breast cancer. Cancer Res. 2007;67:2932-2937.

5.Gallegos Ruiz MI, Floor K, Roepman P, Rodriguez JA, Meijer GA, Mooi WJ, et al. Integration ofgene dosage and gene expression in non-small cell lung cancer, identification of HSP90 as potential target. PLoS One. 2008;3:e0001722.

6.Milicevic Z, Bogojevic D, Mihailovic M, Petrovic M, Krivokapic Z. Molecular characterization ofhsp90 isoforms in colorectal cancer cells and its association with tumour progression. Int J Oncol.2008;32:1169-1178.

7.McCarthy MM, Pick E, Kluger Y, Gould-Rothberg B, Lazova R, Camp RL, et al. HSP90 as amarker of progression in melanoma. Ann Oncol. 2008;19:590-594.


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。

  • TOP
  • ニュースリリース
  • 2021年
  • TAS-116(経口HSP90阻害剤)GIST(消化管間質腫瘍)を対象とした第Ⅲ相臨床試験で無増悪生存期間を有意に延長