研究開発

新薬を心待ちにする人びとのために 未知なる可能性へ挑戦する

大鵬薬品では、各専門分野の知識や経験を有する研究員、部署が連携を図りながら、その力を融合させて自社創薬を推進しています。また、創薬基盤技術の整備拡充を進めるとともに、国内外の研究施設と連携することで自社技術を補完し、研究開発のスピードを加速。ほかにも、大塚グループの企業を含む他社との協業・提携を通じて、さらに高いレベルの創薬に挑戦しています。さらに、オープンイノベーションファンドRemiges BioPharma Fund, LPへの出資や、米国子会社TAIHO VENTURES, LLCを通じて、国内外の有望なバイオベンチャー企業へ投資し、さらなる創薬力の強化を図っています。
すべては世界の患者さんの健康と笑顔に貢献するために。これからも魅力ある自社オリジナル新薬の研究開発にチャレンジしていきます。

3つの領域

がん領域

胃がんを中心にさまざまながんに対するエビデンスを確立している「ティーエスワン」に続き、新しい作用機序を有する「ロンサーフ」を創製するなど、これまでの知見やノウハウを基に新しいタイプの抗がん剤の研究開発を行っています。また、多様化するがん治療に貢献できるよう、がんの増殖、生存、血管新生、薬剤耐性などに関与するタンパク質の機能を阻害する抗がん剤や、がん細胞における特異的な代謝を標的とした抗がん剤、さらには近年著しく発展しているがん免疫に関わる抗がん剤などの研究開発に積極的に取り組んでいます。

免疫・アレルギー領域

がん領域の研究で培った分子標的型創薬の経験や基盤技術を応用し、医療ニーズの高い自己免疫疾患などの難治性疾患病態メカニズムに着目した薬剤や、希少疾患にも応用可能な新しい作用機序を持つ薬剤の研究開発に取り組んでいます。

泌尿器領域

尿失禁・頻尿に対して改善作用を示す「バップフォー」から得られた豊富な知見や経験を生かし、さまざまなタイプの尿失禁・排尿疾患の病態解明を進めてきました。これらを生かし、アンメットメディカルニーズに応える新しいタイプの治療薬の研究開発を進めています。