環境会計

環境保全コスト

大鵬薬品では、環境省の「環境会計ガイドライン2005年版」を参考にし、環境保全コストおよびそれに伴う投資額を算出しました。

2016年の大鵬薬品の環境保全コストは以下の表のとおりです。2016年の主な環境への投資としては、ボイラーの燃料転換、ヒートポンプの導入、LED照明の導入などがあります。

環境保全コスト

項目2015年2016年事例
投資額
(百万円)
費用額
(百万円)
投資額
(百万円)
費用額
(百万円)
公害防止コスト 7.5 33.7 3.6 35.7 排水処理設備
地球環境保全コスト 12.1 5.0 161.0 0.0 省エネの導入、燃料転換
省エネ支援サービスの導入
資源循環コスト 0.0 74.6 0.0 75.7 廃棄物処理費用
上・下流コスト 0.0 31.3 0.0 27.0 容器包装リサイクル法
管理活動コスト 0.0 43.4 0.0 42.8 ISO審査、コンサル費用
環境WEB作成
社会活動コスト 0.0 0.3 0.0 0.3 環境に関連する寄付等
環境損傷コスト - - - - 該当なし
合計 19.6 188.3 164.7 181.5

算定対象
投資額には設備老朽化に伴う更新費用は含めていません。